ミニチュアダックスフンドを室内で飼っているため、匂いや抜け毛がひどく、お客様を呼んだりしづらい。

室内で飼っているため、匂いや抜け毛がひどく、お客様を呼んだりしづらい。

また、かなり高齢になってきたため、

トイレではないところで粗相をしてしまうこともあります。

抜け毛対策として掃除やブラッシングをこまめにするのはもちろんですが、

毛を短めにするようにしています。

短めにしておくことで毛が落ちていてもあまり目立たなくなりました。

また、ソファーなどはゴム手袋でさっとこするようにすると毛が集めやすいです。

ブラッシングの際も同様にゴム手袋で撫でてあげると、犬自身も負担が少ないようで、

あまり嫌がらずに抜け毛ケアができます。

また、だいたいいつも決まった場所にいることが多いため、

よく居る場所にタオルなどすぐに洗えるものを敷いて置くことで掃除が楽になります。

匂いは、いつも犬がいる場所の匂いがきつくなりやすいため、

バスタオルなどのすぐに洗えるものを敷くようにしています。

コタツのように布の面積が大きいものは匂いがしみこみやすく、

洗うのも大変なので置かないようにしています。

どうしても洗えないものは普通の消臭剤ではなく、

犬猫用の消臭剤を使うことでかなり匂いがおさえられています。

また、こまめにお風呂に入れてあげることも大事です。

お風呂から出たあと、ドライヤーを嫌がる子は体をタオルで頭まで覆ってあげて

その上からドライヤーをすることで、落ち着いてくれやすくなります。

また、乾くのもただそのまま乾かすよりもタオルをかぶせた上からのほうが

早く乾きます。

トイレですが、粗相をしてしまうのはもう仕方のないこととして諦めている

部分が多いですが、それでもなるべく被害が少なく済むよう、

床に何か物を置いたりしないようにしています。

また、うちの犬だけかも知れませんが、布や紙がたくさん重なっているところに

粗相をしてしまうことが多いので、床に新聞などを置いたままにしないようにしたり、

座布団なども使わない時はかたづけたりしています。

どうしても気になってしまうときやお出かけするときはオムツを履かせています。

メスの生理用パンツでも漏れてしまうことは少なく、

オムツよりも経済的なので生理用パンツを履かせていることもあります。

ただ、生理用パンツだと粗相をしてしまったら早くとりかえてあげないと蒸れて

しまうし、吸いきれずにパンツ本体に染み込んでしまうこともあるので、

長い時間1匹でお留守番しなくてはならないときなどにはオムツの方がよいと思います。

オムツはオス用のものもあるので、オスでも安心だと思います。

あと、犬が高齢になってから後悔していることがあります。

歯のお手入れについてです。

うちの犬は歯磨きをすごく嫌がるため、あまりやってきませんでした。

その結果、歯槽膿漏になり歯がたくさんぬけてしまいました。

ひどいと鼻が腫れてしまう犬もいるそうです。

新しく飼う方には後悔しないようにしてほしいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました