柴犬の甘噛みがひどく、どうしていいかわからない時にしたのは、、、

生後3ヶ月頃から甘噛みが始まりました。

力はあまり強くないものの、生え変わる歯が痒いのか服や靴下などを噛み始めました。

このまま甘噛みが本噛みになると、飼い主が怪我をするのはもちろんですが、

散歩中に出会う人や犬を傷つけては困るし、周りからかわいがられない子になって

しまうと考えると可哀相な気持ちにもなり、心配していました。

そこで甘噛みについてネットで調べると様々な意見が…罰を与える、大きな声で叱る

といった意見から、甘噛みを止めたらおやつを与えるなど…

あまり叱ると言った方法はしっくりこなかったので、甘噛みをしなかったらおやつを

与えるという方法を試してみましたが、どうにもこうにも難しく…

気持ちが焦るばかりでした。

そして見つけたのがパピー教室、いわゆる犬のしつけ教室です。

高額なのでは?や、飼い主として、自分できちんとしつけできいなんて…

という思いから、なかなか気が進まなかったのですが、

子犬のうちに何とかしなければ!

と思い切って通ってみることにしました。

悩みやこれまでの経過を先生に話すと、犬に反省するということはできないので、

罰を与えたり叱ったりする方法は良くないと言われました。

そもそも甘噛みは歯が生え変わる頃に自然に治まるので、今はたくさん遊んであげて、

甘噛みよりも楽しいことがあることを教えてあげましょう。

ということでした。そして、先生は思いっきりたくさんうちの子と遊んでくれました。

最初の教室は本当にそれだけです。

するとびっくり!ほとんど甘噛みはなくなったのです。

その後も何度かパピー教室に通うことにしました。

甘噛みだけでなく、色々なことができるようにと、

しつけの仕方を教えていただきました。

例えば、クレートに入る練習です。

クレートに入ったときにおやつをあげて、

ここに入ると良いことが起こると教えていきました。

子犬にとって、これをすると楽しいこと、良いことが起こるという風にして教えて

いくのです。おかげでこちらも楽しくしつけをすることができました。

今では、飼い主が言うのもなんですが、とっても良い子に育ち、散歩に出かけても、

たくさんのお友達と遊べます!無事にパピー教室も卒業することができました。

自分できちんとしつけなければ…と思ってしまっていたのですが、

パピー教室に通ってみてよかったな、頼っていいんだなと思いました。

ほめて伸ばす!飼い主も犬も楽しく!

ということを教えていただいたパピー教室に、とても感謝です。

これからも困ったときはしつけ教室を頼りながら、犬との生活を楽しみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました