ポメラニアンのサイズは個体差が大きい?でかポメの特徴は?違いは?

フワフワとした被毛に覆われ、小さな体で飼い主に戯れるイメージのある

ポメラニアンですが、中には中型犬と見間違うほど大きい個体の子もいます。

 

知り合いの犬仲間の人が、体が小さいといわれる豆柴を飼い始めて、

成犬となったら本来の柴犬のサイズになったという人がいましたが、

ポメラニアンにも同様のことが起きるようです。

 

ポメラニアンは体の小さなイメージが強いですが、実は大きい個体も散見されるほど、

個体差の大きい犬種ともいわれています。

 

本来、体の小さなポメラニアンが大きい個体に成長する理由や特徴、デメリット、

飼い主に必要な対応などについて紹介してみます。

 

ポメラニアンには大きい個体がいる?個体差が大きい訳は?

 

ポメラニアンは、大型犬のサモエドを品種改良して小型の愛玩犬として誕生

させられた歴史があります。

 

そのため、先祖であるサモエドの血を強く引いた個体は、スピッツや少し小さめの

サモエドと見間違える大きいサイズに成長する場合があるようです。

 

デカポメという通称で呼ばれる大きいポメラニアンですが、

デカポメという犬種はなく、あくまで、体の大きいポメラニアンに分類され、

犬の個性といえますが、戸惑う飼い主もいるかもしれません。

 

ほとんどのデカポメは太っている訳ではなく、体が大きいというだけで、

繁殖や遺伝子の異常ではないので、飼い主も愛犬がデカポメに成長しても、

ひとつの個性として受け入れて可愛がってあげることが大切です。

 

ポメラニアンが大きいといわれるサイズは?平均的な大きさは?

 

ポメラニアンの一般的な体の大きさは、平均体重が2キロから3キロ程度の超小型犬

に分類されます。

 

体重が5キロを超えると、飼い主からすれば肥満かなと思う大きさですが、

デカポメと呼ばれる大きいポメラニアンには、5キロを超え10キロくらいまで

成長する個体がいます。

 

本来のポメラニアンが食事や運動不足による肥満なのか、

サモエドの骨格に近い血統で体格の良い大きいポメラニアンなのかは、

獣医師に判断してもらうことをオススメします。

 

ポメラニアンの大きいサイズにみられる特徴は?違いは?

 

一般的なポメラニアンよりも大きいデカポメは、体が大きい分、

散歩させる時間や距離、食事の量も多く必要です。

 

超小型犬のポメラニアンであれば、室内でおもちゃを使った遊びでも運動量が確保

できますが、デカポメには中型犬並みの20分程度の散歩を朝夕にこなす

必要があります。

 

また、体の大きいサイズに必要な食事量も当然多くなり、

飼い主の経済的な負担が大きくなります。

 

とはいえ、体の大きいポメラニアンと一般的なポメラニアンの性格的な面に

違いはなく、活発で好奇心旺盛な反面、警戒心が強く、飼い主にみせる甘えん坊の

姿は同じです。

 

ポメラニアンの大きいサイズを飼う際に、飼い主に必要なのは?

 

一般的なポメラニアンの成犬のサイズを想定して飼い始めた飼い主には、

大きいサイズに成長してしまった愛犬の飼育環境を整えることや、

しつけや散歩など、さまざまに戸惑うかもしれません。

 

しかし、子犬から数ヶ月、あるいは一年ほど可愛がってきた愛犬に違いはないので、

体格の大きさも含めて、丸ごと受け入れて可愛がってください。

 

体の大きいデカポメは、超小型犬のポメラニアンとは違い、

骨格もしっかりしているため、骨折や脱臼などの怪我の心配は軽減され、

普通のポメラニアンに必要な飼い主の注意深さが軽減されるメリットもあります。

 

また、フワフワした被毛をさまざまなスタイルにするのも、

デカポメでは小さなポメラニアンよりも映えるため、

飼い主にとっては楽しみの一つとされる方も多いようです。

しかも、ポメラニアンは賢い犬種のひとつで、特に体の大きいデカポメは一般的な

ポメラニアンよりも覚えが良いともいわれています。

 

覚えがよく、体が大きいため、甘やかしたしつけをしてしまうと、

飼い主との主従関係に逆転が生じますので、甘やかさず、

褒める際とのメリハリをつけ、ダメなことはダメと教えることが重要です。

 

愛犬と飼い主との適切な関係が築ければ、デカポメに限らず、

愛犬との暮らしは充実した楽しいものになります。

まとめ

 

大型犬のサモエドを小型の愛玩犬に改良を重ねて誕生したポメラニアンは、

一般的には超小型犬に分類されます。

 

ポメラニアンの中には、品種改良の繁殖の影響からか、

先祖返りともいえる大きいサイズに成長する個体も時々現れます。

 

中型犬に間違われるほどの大きさに成長するデカポメは、

体の大きさこそ一般的なポメラニアンとは違いますが、

性格的な面での違いはなく愛くるしい好奇心旺盛な犬種です。

 

ただ、飼い主にとっては、散歩の回数や距離、時間、与える餌の量など、

超小型犬を想定した飼育環境ではなく、中型犬並みの量や質を与える必要があります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました