ゴールデンレトリーバー大型犬の為、運動不足にならないような散歩の工夫や、遊び方に悩んでいます。 また、しつけトレーニングやコミュニケーション方法も日々考えております。

初めての大型犬のパピーからの飼育で、わからないことだらけでしたが、

色々と調べたり、実践していく中で、

我が家の愛犬にあう方法ややり方をみつけられ成長を感じることができています。

毎日の散歩でも、いくつかのコースをつくり、天候や気温、

季節によって変えることで、飽きることなく愛犬の気分転換できます。

運動不足にならないよう、雨の日の室内でできるトレーニングや頭を使うゲーム等

も楽しんでいます。

例えば、紙コップをいくつか用意して、その中の一つにおやつやフードをいれて隠します。

コップを並べてどこに入っているか当てるゲームです。

考える事で犬の気が紛れるそうです。また、当てることができるとご褒美がもらえ、

褒めてもらえることで欲求が解消されるそうです。

大きいので、室内でボールなどを使い走り回らせることができないので、

ロープを使い引っ張り合いっこをするような遊びで解消することもあります。

しつけに関しては、体が大きいので、しっかり行わないと、

他者を傷つけてしまうことや、物を破壊してしまうことにつながるので、

安心と安全の為に日々トレーニングを続けています。

しかし、思うように覚えてくれなかったり、一度できても重複してできなかったりと、

一進一退の現状です。

色々な方法でトレーニングしていますが、やはり有効なのは、

ご褒美のおやつと褒める事が我が家の愛犬には合っているようです。

フードを使うトレーニングは色々な見解があるようですが、

頭でばかり考えずに実践してみて進歩のあったトレーニングを

採用するように心がけて改善してきました。

トレーニングといっても、やはり楽しいほうが良いので。

基本的なコマンドは日常的に使うので、すぐに習得できましたが、

それぞれのコマンドの質をあげることが今の課題です。

具体的には、マテをさせて解除するまでの時間の延長や、

お座りの体勢で主人が見えなくなっても待てるようにする等です。

コマンドで指示を出す回数を減らしたり、改善したい事は多くありますが、

焦らずに成長に合わせてしっかりとトレーニングしていきたいと思います。

コミュニケーションは成長と共に落ち着いてとれるようになってきたので、

愛犬に対する愛情が日々倍増しております。

ゴールデンレトリーバーという犬種もあり、とても甘えん坊な性格で、

とにかく一緒にいることが喜びのようです。

家では常に足元にいたり、行く先々についてきたりと、

まるで小さな子供のようです。そんな愛犬との生活が私はとても幸せです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました