ミニチュア・ダックスフンドは小型犬でよく吠え、ワガママなところが多い。

ブラックのミニチュア・ダックスフンドといわれる種の小犬を

家の中で放して飼っています。

名前はマメ太郎といい、呼び名はマメと呼んでいます。

呼び名をつけると一歳から始めたマメ太郎のしつけも楽になったと思います。

マメ太郎のしつけは、まず、トイレをいろんな所にしてしまうのでトイレの範囲を

指導しました、それをしつけるとトイレシートだけにトイレをするようになり、

家の中やマメ太郎自体が汚れなくなりました。

しつけ方法はトイレシートをもらした便の近くに持ってきてマメ太郎を近くによせて

トイレシートを指で支持し、大きめの声でマメッ、

ここでやらなければいけないでショッ、コラッ、と叱ります。

これは、ペットショップのスタッフに教えてもらいました。

そうしつけると、トイレのしょっちゅうはトイレシートの範囲で

トイレをするようになりました。

他のしつけとして二歳のときで家の中にある布団の綿を出したり床の畳や柱を

自分の遊び道具として遊んで破ってしまうことが多いので、

それをした場所につれてきて背を高く見せて殴りかけるように見せて、

コラッっと大声で叱り怖がらせます。

そして破ってしまったら怒られると思わせるようにしつけるようにします。

さらに、ほかの新しい面白い遊び道具があるということを支持します。

それは、いらなくなった大量の靴下を詰め込んで

丸くしたボールがあるからこれで遊べるよとしつけました。

そうするとはじめに破ってしまっていたものには興味をもたなくなりました。

このしつけもペットショップのスタッフに教わりました。

ミニチュア・ダックスフンドの種は知らない人が来たりしたときは吠えまくり、

家の人を守ってくれています。

マメ太郎の餌はドックフードをあげているのですが、昼に人がパンを食べて、

少しでもマメ太郎にあげると、それが癖になってしまって困ったときがあります。

リンゴを少しあげていたらパンの癖は停止したのですが、

次はリンゴが癖になってしまいました。

ミニチュア・ダックスフンドは、ワガママ、が多いところもあります。

昨日、ミニチュア・ダックスフンドと遊んだり、ブラッシングしてあげると、

今日もしてと、やってきます。

甘えん坊でもあります。

こうしたワガママや甘えん坊のところを叱ってしつけても

しつけることができませんでした。

それはミニチュア・ダックスフンドはこう言われる種類の犬ですと

ペットショップのスタッフに教わりました。

小犬のミニチュア・ダックスフンドの種は一緒に住んでいる人を

噛んだりはしない優しい飼い犬です。

そこを飼ったときからしつけなくていいところでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました