トイプードルはどのくらい食べるの?年齢ごとに必要な餌の量を解説!

トイプードルといえば小さくてとってもかわいらしいですが、いざ飼ってみると体が小さいからどのくらい餌をあげていいのか悩んでしまいますよね。

 

犬は犬種や年齢、性格、体調などによって食べる量が異なるので、餌の量も慎重に選ばなければいけません。

 

でも、犬を初めて飼う方にとって愛犬がどのくらいの餌の量なら満足できるのか、どのくらいまでなら餌を食べさせればいいのかなんて難しいことでしょう。

 

そこで今回はトイプードルに必要な餌の量を年齢ごとにご紹介していきます!

 

年齢ごとに必要な餌の量について

 

トイプードルだけでなくどの犬種も年齢によって食べる量が異なります。

 

特に子犬やシニア犬は栄養を多く摂取しなければいけないので、餌の量が大きく異なります。

 

そんなトイプードルに必要な餌の量を年齢ごとにわかりやすくまとめてみました。

 

【子犬期の餌の量】

 

月齢 1日の餌の量
2~3ヶ月 70g
4~5ヶ月 80g
6~7ヶ月 100g
8~9ヶ月 90g
10~12ヶ月 80g

 

【成犬期の餌の量】

 

月齢 1日の餌の量
1~10歳 70~120g

 

【高齢期の餌の量】

 

月齢 1日の餌の量
10歳~ 50~100g

 

以上が年齢ごとの餌の量です。

 

ご覧のように成長期である子犬は体重が成犬よりも軽くても成犬と同じくらいのもしくはそれ以上の量を食べなければいけません!

 

反対にシニア犬は体重は成犬と同じでも食べることが難しくなってきているので、食べる量が成犬に比べると少ないです。

 

そのため、ドッグフードも子犬用、成犬用、シニア犬用と分けられており、それぞれの年齢に必要な栄養を摂取できるように作られています。

 

もちろん、以上の1日の餌の量はあくまでも目安なので、体重や運動量、性格、体調などによって餌の量が異なります!

 

当然ですが、愛犬の体重に合った量の餌を食べさせないと肥満の原因になってしまうので、毎日様子をみて太りすぎないように餌の量を調節していきましょう!

 

このようにトイプードルは年齢などによって餌の量が大きく異なります。

 

愛犬が最も食べやすい量で太らないように気をつけながら餌の量を調整していきましょう!

 

ドッグフードの袋に記載されている餌の量は正しくない⁉

 

ドッグフードの袋には体重によって適切な餌の量が記載されていますが、実は必ずしもその量が正しいとは限りません‼

 

先ほども説明したように犬は体調や運動量などによって餌の量が異なります。

 

もしも運動をたくさんする犬がドッグフードの袋に記載されている通りの量を食べてしまうと足りないどころか、カロリー不足になる可能性もあります。

 

逆に肥満の犬がドッグフードの袋に記載されている通りの量を食べてしまうと、さらに太ってしまう可能性があります。

 

実際にドッグフードの袋に記載されている通りにご飯を食べさせたら愛犬が太ってしまったという飼い主もいるそうです。

 

ちなみに私の愛犬はドッグフードの袋に記載されている量だと食べきれないので記載されている量より少なめにあげていますが、標準体型をキープできています。

 

ドッグフードの袋に記載されている餌の量はあくまでも目安なので、愛犬に合った餌の量を食べさせてあげてくださいね!

 

トイプードルは餌を食べない子が多い⁉

犬って食べ物があると何でも食べてしまうイメージがあるかと思いますが、実はそうでもないんです!

 

中でもトイプードルはご飯を中々食べない子が多いので、愛犬に完食してもらうために苦労している飼い主が多いです。

 

私もトイプードルを飼っていますが、子犬の頃からあまりご飯を食べてくれる子ではなかったので、完食させるためにドッグフードに缶詰をトッピングしたり、手作り食を作ったりとかなり苦労しました。

 

もちろん、ご飯を食べるのが大好きなトイプードルもいますが、ご飯を食べない性格の子もいます。

 

そういったご飯を食べない子に1日に必要な餌の量を食べさせるのは大変ですよね。

 

そんなとき食事の回数で解決できます!

 

犬の食事の回数は通常であれば子犬・シニア犬は1日3~4回、成犬は1日2回とされています。

 

しかし、体調や性格によって成犬でも1日3回ご飯を食べる場合があります。

 

実際に中々ご飯を食べない子は1回で食べる量が少ないため、1日3回にわけてご飯をあげている飼い主もいます。

 

成犬なのに1日に3回もご飯をあげてもいいの?と思う方も多いでしょう。

 

確かに胃腸を休ませるためにも1日2回のほうが良いといわれていますが、体調などによっては食事の回数を1日3回にすることもあります。

 

もしも、1日3回だと体調が悪くなってしまったり、胃に負担がかかっているのであれば1日2回のほうが良いですが、何も問題ないのであれば1日3回ご飯を食べさせても大丈夫です!

 

ただし、急に1日3回にわけると胃に負担がかかるので、餌の量を少しずつ調節して1日3回でも大丈夫なように慣れさせてあげましょう!

 

愛犬が最も食べやすい量と回数でご飯を食べさせてあげましょうね♪

 

まとめ

 

トイプードルに必要な餌の量は年齢ごとに大きく異なり、成長期でもある子犬は体重が成犬よりも少なくても成犬と同じくらい食べなければいけません。

 

反対にシニア犬は食べることが難しくなっているので、成犬よりも餌の量が少ないです。

 

また、トイプードルはご飯を食べない子が多いので、食事の回数を1日3回にするなどして、愛犬が完食できるように工夫しましょう!

 

トイプードルが健康に成長していくためにも適切な餌の量を食べてさせてあげましょうね♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました