タイニープードルの成犬の大きさは?特徴は?選び方や注意点は?

プードルを飼う知り合いの中には、「タイニープードル 」の子犬といわれて家族に迎えたけれど、成犬となったら普通のプードルのサイズになったと笑っていた飼い主がいました。

 

知り合いのドッグトレーナーと話した際にも、「タイニープードル」や「豆柴」といった成犬となっても純血種の標準サイズより極端に小さな体格の犬種名に正式なものはないと聞いたことがあります。

 

ペットショップなどで超小型犬の「タイニープードル」を選ぶ際に、知っておくべき犬種の基本的な情報や選び方のポイントなど、紹介してみます。

 

「タイニープードル 」という犬種は、厳密にはない?

 

とても小さなという意味の「タイニー」が犬種名についた「タイニープードル」は、成犬となっても体高が23センチ前後、体重が2キロから3キロといったサイズが目安とされているようです。

 

「タイニープードル 」という犬種は厳密にはなく、血統書上は「トイプードル」と表記されます。

 

つまり、「タイニープードル」という犬種は、交配増殖させているブリーダーの判断に大きく左右されます。

 

そのため、ペットショップで「タイニープードル」という謳い文句で子犬を購入した知り合いの愛犬が、成犬となったら普通のプードルだったというのも、あり得ることなのです。

 

同じようなことが、柴犬の小さな「豆柴」でもあるようです。

 

「タイニープードル」にこだわって子犬を選ぶには?

 

小さなサイズの「タイニープードル」にこだわって子犬を選ぶには、血統を確認することで、成犬となっても大きくならない確率を上げることができます。

 

隔世遺伝などを考慮すれば、親犬だけでなく祖父母の犬まで調べた方が良いでしょう。

 

血統を調べた上で、子犬の顔そのものが小さく、耳や鼻、そして口が小さい個体であるかどうか、マズルが小さいか、耳の付け根が少し上に寄っているかどうか、といった点を観察してみると「タイニープードル」かどうかの判断基準になります。

 

とはいえ、家族の一員として迎える愛犬の見極めには、体格のサイズ以上に、子犬を抱きかかえてみて、肉付きや被毛の状態など健康状態が良好かどうか、確認するのが重要です。

 

ちなみに、一般的に成犬となった時の体重は、生後2ヶ月の体重の3倍から3.5倍、生後3ヶ月の体重の2倍から2.5倍といわれているので、子犬の体重から推測するのも、目安となるかもしれません。

 

「タイニープードルの性格や特徴は?飼育する際の注意点は?」

 

タイニープードルは、プードルを小型に改良したトイプードルと性格的には同じと考えられます。

 

犬の中でも賢いタイニープードルは、陽気で活発、フレンドリーな性格で、人ともストレスなく関係を築けるので、飼い主にとっても飼いやすい犬種のひとつです。

 

ただ、体格の小さなタイニープードルは、トイプードルよりも飼い主への依存度が高く、精神的にも幼い傾向にあり、甘えん坊の個体が多い傾向もあります。

 

そのため、他の犬種に比べ、愛犬として飼うには、飼い主の愛情と手間をより多くかけることが必要かもしれません。

 

それに、小さな体の「タイニープードル」の骨は細く、それゆえ、骨折や脱臼になりやすい犬種です。

 

中型犬を飼う我が家では、少々の段差やフローリングの滑りなどには気を使ったことはないのですが、知り合いのドッグトレーナーに小型犬を飼う場合には、住環境に対策が必要と言われたことがあり、びっくりしたことがあります。

 

その際、超小型犬の「タイニープードル」が話題になり、フローリングには滑りにくいようにフロアマットを引いてあげたり、ソファや階段、ベッドなどの段差のある場所に愛犬を近づけない、などの配慮が必要だと聞いたことがあります。

 

タイニープードルは、成犬となっても普通の小型犬や中型犬の子犬のサイズほどしかないため、飼い主が普段の生活で食事はもちろん、生活環境にも多くの注意を必要とするようです。

まとめ

 

成犬となっても体格の小さな「タイニープードル」にこだわるのであれば、子犬を選ぶ際に、親犬の血統はもちろん、祖父母にあたる犬の血統も確認すれば、確率は高くなります。

 

家族の一員として迎える愛犬のサイズにこだわりすぎて、健康状態の見極めが最も重要で、合わせて飼い主との相性や性格なども注意深く観察し、判断するようにしましょう。

 

超小型犬の「タイニープードル」は成犬となっても、小型犬や中型犬の子犬ほどのサイズにしかならない体格のため、生活環境の中にある段差や滑りやすい床などに対策を施してあげることが、骨折や脱臼といった怪我の危険性を避けられます。

 

小さな体で飼い主に甘える「タイニープードル」の可愛さを維持させるのは、飼い主の愛情と手間がかかることを認識しておくのが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました