トイプードルは外耳炎になりやすい⁉外耳炎を防ぐ耳掃除の方法を解説!

愛犬の耳の中が汚いときや耳が臭いなんてことはありませんか?

 

犬の耳の中が汚いときや臭いときは外耳炎にかかっている可能性が高いです!

 

外耳炎は犬がかかりやすい病気で、放っておくと手術をしないと治せなくなってしまう危険な病気です!

 

そんな犬にとって危険な病気である外耳炎ですが、実はトイプードルは外耳炎になりやすい犬種なんです‼

 

トイプードルはきちんと耳掃除をしておかないとすぐに耳の中が汚くなったりしてそのまま外耳炎になってしまう可能性があります。

 

私もプードルを飼っていますが、少しでも耳掃除を怠ってしまうと耳の中が臭くなってしまいます。

 

しかし、外耳炎になりやすい犬種だからといっても特別な耳掃除をしなくても大丈夫なので、誰でも簡単に耳の掃除をすることができます!

 

今回はトイプードルが外耳炎にならないようにするために、誰でもできる犬の耳掃除の方法を解説していきます!

 

外耳炎はどんな病気?

 

そもそも外耳炎とは何なのかについて詳しく説明していきます。

 

外耳炎は耳穴から鼓膜までの間の管(外耳道)が炎症を起こしてしまう耳の病気です。

 

主に耳の中に細菌やダニなどが感染することによって外耳炎にかかってしまいます。

 

また、アレルギーやアトピーになりやすい犬も外耳炎になりやすいといわれています。

 

ちなみに外耳炎は犬だけでなく人間もかかってしまう病気でもあります。

 

外耳炎は初期段階であれば薬で治療することができますが、ひどい状態だと手術しないと治療するのが難しい場合もあります!

 

そんな犬の病気がかかりやすい病気の中でも恐ろしい病気である外耳炎は、トイプードルのような耳が垂れている犬がかかりやすいですが、柴犬のような耳が立っている犬も外耳炎にかかる可能性はあります。

 

ですが、きちんと愛犬の耳掃除をして耳の中を清潔にしておけば外耳炎になることはありません!

 

愛犬が外耳炎にならないようにするためにもしっかりと耳掃除をしてあげましょう!

 

最低でも月に1回はトリミングで耳のお手入れをしてもらうのをおすすめします。

 

外耳炎はどのような症状が出るのか?

 

外耳炎にかかってしまっていると犬は以下のような症状が出るようになります。

 

 

  • 耳の近くを掻く
  • 頭を何度も振る
  • 耳の中が臭い
  • 耳の中がひどく汚れている
  • 耳垢がいつもより多い

 

 

以上のような症状が出ているときはすぐに病院へ連れて行きましょう!

 

外耳炎は早期発見することによって、耳の洗浄や薬で治療するだけで完治することができます。

 

外耳炎にならないように予防するのが一番ですが、外耳炎にかかっていないか確認するためにも愛犬の様子をしっかりと観察して、少しでも耳を気にしている様子があればすぐに病院に連れて行ってあげてくださいね!

 

なぜトイプードルは外耳炎になりやすいのか?

 

トイプードルのような耳が垂れている犬は耳が立っている犬に比べて、耳の中が蒸れやすいので細菌などに感染しやすいです。

 

その中でもトイプードルは最も外耳炎になりやすいといわれています。

 

実際に外耳炎の治療のために通院しているトイプードルが多く、動物の保険会社でも外耳炎の保険金請求で最も多いのが、トイプードルというデータがあるほど外耳炎にかかっているトイプードルが多いようです。

 

私の愛犬も耳の中が少し臭かったことがあり、病院で聞いたところ「トイプードルは耳の中が蒸れやすいのでしっかりと耳のお手入れをしてあげてください」と言われたことがあります。

 

それくらいトイプードルは外耳炎になりやすい犬種なので、トイプードルを飼っている方やこれからトイプードルを飼おうと思われている方は、愛犬が外耳炎にならないようにしっかりと耳掃除をしてあげてくださいね!

 

初心者でも簡単にできる犬の耳掃除の方法!

外耳炎を予防するためにも重要なお手入れである耳掃除ですが、犬の耳掃除ってとっても難しそうなイメージがありますよね。

 

人間と違って犬の耳は傷つきやすいので、トリマーさんでないと耳掃除ができないのではないかと思われる方が多いでしょう。

 

でも、そんな心配は必要ありません!

 

実は犬の耳掃除は犬を初めて飼う方でも簡単にできるんです!

 

犬の耳掃除は様々な方法がありますが、その中でも誰でも簡単にできて犬の耳の中がきれいになる方法をご紹介していきます!

 

まずは犬の耳掃除をするのに準備するものですが、『犬用の耳の洗浄液』『犬用の綿棒(人間用の柔らかい綿棒でもOK)』を用意しましょう。

 

犬の耳掃除の方法で最も簡単にきれいにすることができるのは綿棒が効果的です!

 

犬の耳の中を綿棒で掃除する方法は

 

 

  • 綿棒に犬用の洗浄液を浸す
  • 耳の奥に綿棒をいれないように注意しながら耳の中を綿棒で掃除する
  • こすらないように優しくタッチするような感じで汚れを取る
  • 少しでも綿棒が汚れていたら新しい綿棒に取り換えて耳掃除をする

 

 

となっています。

 

犬の耳掃除についてこちらの動画で詳しく説明しているので、こちらもご覧ください!

お家でできる愛犬のケア:耳掃除 – 街ログ

このように綿棒を使った耳掃除は最低でも月に1回は行ってください!

 

ただし、耳の掃除に慣れていない犬や耳掃除が嫌いな犬に綿棒で掃除してしまうと、耳掃除をしているときに暴れてしまい綿棒で耳の中を傷つけてしまう危険性があります!

 

なので、耳掃除に慣れていない犬や耳掃除が嫌いな犬は綿棒で耳掃除をしないで、コットンや耳掃除用のウェットティッシュで優しく耳掃除をしてあげましょう!

 

ちなみに耳の中に洗浄液を入れて耳を掃除する方法もありますが、獣医によっては耳の中に洗浄液を入れないほうが良いと言われる場合もあります。

 

私の愛犬も以前耳の中に洗浄液を入れて耳掃除をしていましたが耳の中がにおうので獣医に聞いたところ、「耳の中に洗浄液をいれないほうがいい」と獣医に言われ、耳の中に洗浄液を入れるのを止めたら耳の中が臭くなくなりました!

 

しかし、犬によっては耳の中に洗浄液を入れたほうが良いという場合もあるので一概にはいえません!

 

愛犬によって合う耳掃除の方法があるので、最初はコットンやウェットティッシュで耳掃除をするところから初めて、様子を見ながら綿棒で耳掃除をしてみてくださいね!

 

また、もし愛犬の耳掃除をするのが不安であればトリミングでやってもらいましょう!

 

まとめ

 

トイプードルは外耳炎になりやすい犬種なので、きちんと耳掃除をして外耳炎を予防する必要があります。

 

犬の耳掃除は綿棒と洗浄液を使った方法が効果的で誰でも簡単に愛犬の耳掃除をすることができます!

 

ただし、耳掃除に慣れていない犬または愛犬の耳掃除に不安がある方は、コットンやウェットティッシュで耳掃除をするか、トリミングで耳掃除をしてもらいましょう!

 

トイプードルは耳が垂れているため耳の中が蒸れやすく、耳の中に細菌などが感染してしまって外耳炎になる可能性が高いです。

 

愛犬が外耳炎にならないようにするためにもきちんと耳掃除をしてあげて、少しでも耳が臭かったり耳に違和感がある行動をしているときはすぐに病院に連れて行きましょう!

 

愛犬がいつまでも健康でいるためにも耳の病気にも十分注意して、些細な行動でもすぐに気付けるようにしっかりと見守ってあげてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました