プードル連れ去り事件は解決したのか?犬が誘拐されない対策をご紹介!

犬を飼っていて一番こわいのが誘拐ですよね。

 

もしも愛犬が連れ去られてしまったらなんて、考えるだけでもお散歩やお留守番中が心配になってしまいますよね。

 

私も愛犬が急にいなくなってしまったらと考えるだけで不安な気持ちでいっぱいになります。

 

自分の愛犬は大丈夫だろうと思うかもしれませんが、実際にプードル連れ去り事件があったのです‼

 

以前ニュースでも取り上げられネットでも話題になったのですが、2019年9月30日にプードルが連れ去られてしまうと恐ろしい事件がありました。

 

そのワンちゃんは公園にいるときに男性に連れ去られてしまったそうです。

 

このような恐ろしい事件があると愛犬とお散歩するのが怖くなってしまいますね。

 

今回は、プードル連れ去り事件はその後解決したのか犬が誘拐されない対策や万が一誘拐された時の対処法などをご紹介していきます!

 

プードル連れ去り事件とは?

 

プードル連れ去り事件は2019年9月30日に、北海道札幌市の豊平区美園月寒公園で事件が起こりました。

 

飼い主の女性は9月30日の18時頃、トイプードルのハッピー君とお散歩に行き、途中で公園のベンチにハッピー君を抱きかかえた状態で座っていました。

 

すると、2歳くらいの女の子近づいてきて、ハッピー君を触ってしまいます。

 

しかし、ハッピー君は知らない人に触られてびっくりしたのか、その女の子の手を噛んでしまいました。

 

ハッピー君に噛まれたことで女の子は泣いてしまい、父親と思われる男性が「何をしている」と怒りながら近づいてきて、ハッピー君の首根っこを掴んで「保健所に連れて行く」といって連れ去ってしまったのです。

 

飼い主は「やめてください」と男性のことを止めたのですが、男性は飼い主を無視してそのままハッピー君を連れ去ってしまいました。

 

飼い主は保健所に行きましたがハッピー君は見つかりませんでした。

 

その後、飼い主は警察や動物管理センターに届け出を出し、ネットでハッピー君の情報提供を求めました。

 

さらにチラシなどを配布し、ハッピー君の行方を追っているそうです。

 

この事件はテレビでも取り上げられ、ネットでもハッピー君の飼い主を応援するコメントがたくさんあげられています。

 

私もこの事件を聞いたときは、犯人である男性に怒りを感じたのと同時にどうかハッピー君が無事に見つかってほしいと心から思いました。

 

まさか公園で愛犬が連れ去られてしまうなんて誰も予想できない大事件ですね。

 

ハッピー君は無事に見つけることができたのでしょうか?

 

プードル連れ去り事件は解決したのか?

 

ニュースでも取り上げられるほどの大事件となったプードル連れ去り事件ですが、その後ハッピー君は見つかったのか気になりますよね。

 

ハッピー君の行方を知るためにネットをくまなく検索しましたが、残念ながらハッピー君を見つけたという情報はありませんでした。

 

しかし、ハッピー君らしきトイプードルを見かけたという目撃情報がいくつか上がっているので、ハッピー君は今もどこかに隠れているのかもしれません。

 

北海道札幌市にお住いの方はもし近くでハッピー君を見かけたら、飼い主のホームページまたは飼い主さんのツイッターでも教えてあげてください!

 

飼い主のホームページ

https://happy0328.jimdofree.com/

 

飼い主のツイッター

https://twitter.com/ozkmnk/status/1186999208659677185

 

ハッピー君の特徴は以下のようになっています。

 

犬種:トイプードル

性別:雄

毛色:薄茶色

年齢:5歳

体重:4kg

首輪:ベージュの生地に緑やオレンジの模様が入ったもの

外見:左前足をかばうようにびっこをひいて歩いている

性格:怖がりで人見知り

その他:去勢済み

 

ハッピー君が一日でも早く無事に見つかるといいですね。

 

犬が誘拐されないようにする対策とは

愛犬が誘拐されないために最も効果がある対策はGPSが付いている首輪もしくはハーネスをつけることです!

 

最近では、GPS付きの首輪もしくはハーネスの種類が多くあります。

 

万が一愛犬が誘拐されたり、迷子になってしまってもGPSがあれば愛犬の居場所がすぐにわかるので安心です!

 

値段は少し高いかもしれませんが、愛犬が万が一いなくなってしまったときのために手に入れておきましょう!

 

ちなみに首輪やハーネスに取り付けるだけの小型のGPSも販売されていますよ!

 

また、GPSだけでなく役所でもらう迷子札も首輪もしくはハーネスにきちんと付けておいてください!

 

迷子札やGPS以外に愛犬が誘拐されないようにするには、店の前や車の中で愛犬を待たせたりしないことです。

 

よくコンビニなどの前で犬がポールに繋がれて待っているのを見かけますが、犬を飼い主から離れたところで待たせておくのは誘拐される確率が高くなるので、店の前で愛犬を待たせておくのはやめましょう!

 

もちろん、車で待たせておくのも愛犬が誘拐される確率が高くなるので、車に愛犬を待たせておくのはやめましょう!

 

このように飼い主のちょっとした気遣いで愛犬が誘拐される確率が低くなります。

 

愛犬が誘拐されないように飼い主ができることをしてあげましょうね。

 

愛犬が誘拐されてしまったときは?

 

万が一愛犬が誘拐されてしまっても慌てずにまずは警察保健所近くの動物病院に連絡しましょう。

 

警察や保健所、動物病院は犬の体に埋め込まれているマイクロチップを読み取ることができます。

 

なので、警察署や保健所、動物病院で愛犬が保護された場合すぐに飼い主の元に連絡が行きます!

 

しかし、いつ保護されるのかわからないし、もしかしたら保護されないかもしれないので、不安な気持ちでいっぱいになりますよね。

 

愛犬が保護されるまでは飼い主もネットポスターなどに愛犬の特徴やいつどこで誘拐されたのかをきちんと伝え、多くの方に愛犬が誘拐されてしまったことを知ってもらいましょう!

 

もしかすると、近所の方が保護してくれている場合もあるので、ネットやポスターがあったほうが保護した方も連絡しやすいです。

 

あとは、家族や友人に探すのを手伝ってもらったり、愛犬が行きそうなところを探してみましょう。

 

愛犬が誘拐されてしまったらパニックになってしまうかもしれませんが、慌てずに周りの方に詳しい状況を伝えて一緒に探してもらいましょう!

 

まとめ

 

愛犬が誘拐されないように外出するときは愛犬から離れないようにしてください!

 

また、万が一愛犬が誘拐されてしまっても慌てずに警察保健所近くの動物病院に連絡しましょう。

 

保護されるまではネットポスターで愛犬の特徴を伝え、周りの方にも協力してっもらいましょう!

 

あなたの身近でも犬が誘拐されてしまう事件が起きてしまうかもしれません。

 

愛犬が誘拐されないようにするためにもきちんと対策しておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました