タイニープードルはどんな性格の犬?飼い方やしつけのコツは?

アメリカで小さめのトイプードル同士を交配して、たまたま生まれたと言われるタイニープードルは、10年ほど前に誕生して人気が高い犬種ですが、どんな性格の犬なのでしょう?

 

我が家の周囲には、トイプードルを飼うお宅は数件あり、愛犬の散歩のときなどに交流もあり、人懐こっくジャレついてくる印象がありますが、タイニープードルにはお目にかかったことがありません。

 

日本で登録されているプードルの大半がトイプードルと言われ、タイニープードルはほんの数パーセントという稀少な犬種であるため、当然かもしれません。

 

そんな稀少な犬種のタイニープードルがどんな性格なのか?飼い方やしつけのコツなどについて紹介します。

 

タイニープードルの特徴は?どんな性格?

 

タイニープードルの特徴といえば、小さなトイプードル同士を交配して生まれたその小さな体のサイズでしょう。

 

国際基準では認められていないため、正式な血統書では「トイプードル」と表記されるタイニープードルですが、ペットショップやブリーダーの間で販売のために使われている名称となっています。

 

非公認の犬種ながらも、業界関係者の間では、成犬時の体重が1.8キロから3.5キロ、体高は23センチ程度を目安とする基準が設けられています。

 

そんな小さな体のタイニープードルは、他の犬種の犬に比べても非常に賢く、明るく、社交的で人懐っこい性格で、トイプードルと同様です。

 

ただ、トイプードルより体が小さいため、臆病で神経質な面があり、トイプードルより幼い印象を受ける個体が多い傾向があるようです。

 

タイニープードルのしつけは?しつけの際の注意点は?

 

前述のように、タイニープードルは賢いので、「しつけ」はやり易いと言われています。

 

人にもよく懐く性格で、基本的にはトイプードルの飼育環境や飼い方と同様のやり方で問題ありません。

 

大型犬のような外飼いは向いていないため、室内飼いを基本に、適度な運動をさせることが重要です。

 

タイニープードルのような超小型犬は、散歩に連れ出すことで外のいろいろな音や家族以外の人や犬に慣れさせ、家での留守番などで必要以上に臆病にならない精神状態にしてあげましょう。

 

また、散歩の途中で、飼い主との主従関係を構築し、必要に応じて「待て」や「ダメ」といった飼い主の指示を聞かせるしつけも同時に行うことがオススメです。

 

飼い主が愛犬に指示を出す際には、毎回同じ言葉を使うようにし、メリハリをつけることが重要です。

 

複数の家族でしつけを行う場合、愛犬に求める行動の指示に使う言葉を統一しておき、愛犬が判断に迷わないようにしてあげましょう。

 

タイニープードルの性格を考慮したしつけのコツは?

 

タイニープードルは、トイプードルと同じように飼い主には従順で、フレンドリーな性格ですが、原種の狩猟犬の血筋の影響か、独立心の強い子もいます。

 

また、学習能力が高く、物覚えも良いため、悪いこともすぐに覚えてしまい、飼い主や周囲の人にとって、問題児となる可能性もあります。

 

小さくて可愛い姿に、ついつい甘やかしてしまいがちですが、ダメなことはダメと一貫したしつけを行うことが、学習能力の高いタイニープードルのしつけには効果的です。

 

さまざまなしつけを行う前提として、飼い主が愛犬にとってのリーダーであることを認識させることが重要で、普段の散歩や食事などでも、アイコンタクトをとりながら、コミュニケーションをとり、主従関係を覚えさせるのが重要です。

 

愛犬が言うことを聞かないからと「叩く」などの暴力は、主従関係どころか、飼い主を敵とみなしたり、その後の関係を再構築するのが難しくなりますので、厳禁です。

まとめ

 

タイニープードルは、誕生してから10年ほどしか経過しておらず、サイズの固定化などの様々な条件がクリアになっておらず、JKC(ジャパンケンネルクラブ)やFCI(国際畜犬連盟)の公認犬種とはなっていません。

 

トイプードルを交配させて誕生したタイニープードルの性格は、トイプードルとほぼ同じですが、体の小さな個体ほど臆病で警戒心の強い性格がみられます。

 

鴨猟犬が祖先だった血筋からか、飼い主には従順で賢く、学習能力が高いタイニープードル のしつけには、飼い主がリーダーであることをしっかり認識させ、ダメなことはダメと短い言葉で指示を出し、できたときにはしっかり褒めると言うメリハリをつけましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました