トイプードルに必要なご飯の回数は?適切な回数でないと吐くことも!?

トイプードルいえば、かわいいだけでなくとても賢いので、初心者でも飼いやすい犬種としても有名ですよね。

 

そんな初心者でも飼いやすいトイプードルですが、トイプードルの1日に必要なご飯の回数ってご存知ですか?

 

どの犬種もご飯の回数は同じではないのかと思われる方も多いかもしれませんが、実はそうではないんです!

 

トイプードルは適切な回数でご飯を食べさせないと胃液を吐いてしまうことがあるんです‼

 

私もトイプードルを飼っているのですが、愛犬に合った回数でご飯をあげるまでは何度も胃液を吐いてしまうことがありました。

 

人間でも吐くときに苦しいと感じるのと同じで、犬も吐くときは苦しいと感じています。

 

愛犬に苦しい思いをさせないためにもトイプードルの1日に必要なご飯の回数を年齢ごとにご紹介していきます。

 

トイプードルに必要なご飯の回数

 

トイプードルにとってご飯の回数をはとても重要です。

 

愛犬に合った回数でご飯を食べさせることで胃液を吐かないようになります!

 

私の愛犬もご飯の回数を変えたことで胃液を吐かなくなりました!

 

トイプードルが吐かないようにするためにも、トイプードルに必要なご飯の回数について年齢ごとに解説していきます!

 

【子犬】

 

トイプードルだけでなく、どの犬種も子犬の頃はたくさん栄養を摂取する必要があります。

 

しかし、子犬は消化が弱く1回の食事でご飯をたくさん食べることができません。

 

そのため、子犬は1日4~5回に分けてご飯を食べます!

 

1回にあげるご飯の量は、子犬用のドッグフードに1日に与える量が体重ごとに記載されているので、その量を4~5回に分けて食べさせれば大丈夫です。

 

1日に4~5回に分けてご飯を食べさせるのは大変かもしれませんが、愛犬が元気に育つためにもきちんと1日4~5回ご飯を食べさせましょう!

 

ただし、子犬によっては1日に何回もご飯を食べるのが負担になる場合もあるので、獣医に相談しながらご飯をあげる回数を調節してみてください!

 

【成犬】

 

トイプードルは生後10ヶ月ほどで成犬になるといわれています。

 

どの犬種も成犬になったらドッグフードを成犬用に切り替えるだけでなく、ご飯の回数も切り替えなければいけません。

 

成犬は子犬のようにたくさん栄養を摂取する必要がないので、ご飯を食べすぎると肥満になってしまいます。

 

なので、トイプードルの成犬は基本的に1日2回に分けてご飯を食べさせればOKです。

 

しかし、冒頭でも説明しましたが、トイプードルは適切な回数でご飯を食べないと吐いてしまうのです!

 

そのため、1日2回ご飯を食べているのに胃液を吐いてしまう場合は、空腹の時間が長くならないように1日3回に分けてご飯を食べさせるのが適切です!

 

ちなみに透明な液体や黄色の液体を吐いているときは胃液の可能性が高いです。

 

何度も胃液を吐く場合は、ご飯の回数を増やして空腹の時間が少なくなるようにしてみてください!

 

※ご飯の回数を増やしても胃液を吐く場合はすぐに病院へ連れて行ってあげてください

 

【老犬】

 

老犬は基本的に成犬と同様に1日2~3回ご飯を食べれば大丈夫です。

 

しかし、犬は歳をとるにつれて消化機能が衰えたり、少食になってしまいます。

 

ご飯が食べれなくなってしまうとどんどん痩せてしまい、最悪の場合寿命を縮めてしまうので、獣医と相談しながらご飯の回数を変えてみてください!

 

ちなみにトイプードルは7歳からシニア期となるので、7歳を過ぎたらシニア用のドッグフードに切り替え、ご飯の回数も臨機応変に変えていきましょう!

 

以上がトイプードルに必要なご飯の回数です。

 

トイプードルは胃液を吐きやすい犬種なので、愛犬に合った回数でご飯を食べさせて、胃液を吐かないようにしてあげましょう!

 

ご飯の回数以外にトイプードルが吐かないようにするには?

 

トイプードルはご飯の回数によって胃液を吐かなくなりますが、仕事をされている方は何回も愛犬にご飯を食べさせるのは難しいですよね。

 

どうしても愛犬にご飯を何回も食べさせるのが難しい方に、ご飯の回数以外にトイプードルが吐かないようにする方法をご紹介します。

 

ドッグフードをふやかして食べさせる

 

犬は空腹のときだけでなく、消化不良によって胃液を吐いてしまうことがあります。

 

消化不良によって胃液を吐かないようにするためには、ドッグフードをふやかして食べさせてみてください!

 

人間がおかゆを食べると消化しやすいのと同じで、犬もドッグフードをふやかしたほうが消化しやすいです。

 

もし、愛犬が留守中に胃液を吐いてしまうのなら、ドッグフードをふやかして食べさせてみてみましょう!

 

ちなみに早食いも消化不良の原因になるので、早食い防止の餌皿などを使用して早食いしないようにさせましょう!

 

ご飯の時間を決める

 

犬は毎日決まった時間でご飯を食べることで、ご飯を食べる時間に消化酵素が分泌されるようになります。

 

消化酵素は食べ物を消化して栄養を吸収してくれる酵素なので、ご飯を食べる時間になると食べ物を消化するということです。

 

そのため、ご飯を食べる時間になるまではゆっくりと消化するので、空腹で胃液を吐きにくくなります!

 

愛犬に毎日同じ時間にご飯を食べてもらうためにも、休日も仕事に行く前と仕事から帰った後の時間にご飯を食べれるようにしてみましょう!

 

おやつを出せるドッグカメラを使用する

 

最近はおやつを出すことができるドッグカメラが増えてきています。

 

仕事で家に家にいる時間が少ない方やどうしても長時間おでかけをしないといけないときは、ドッグカメラからおやつを出して愛犬におやつを食べさせてみるのもありです。

 

おやつを出せるドッグカメラがあれば、愛犬の空腹の時間を減らせるだけでなく、愛犬の様子を見ることもできるのでまさに一石二鳥です!

 

お留守番中に愛犬が空腹にならないようするためにもドッグカメラで、おやつを食べさせて空腹の時間を減らしてみてはいかがですか?

 

以上がご飯の回数以外にトイプードルが吐かないようにする方法です。

 

仕事などで愛犬に何回もご飯を食べさせるのが難しい方は、以上の方法でお留守番中に愛犬が胃液を吐かないようにしましょう!

 

ですが、愛犬のためにもなるべくそばにいてあげてくださいね♪

 

胃液の場合は病院に行かなくてもいいのか?

トイプードルはほかの犬種に比べると胃液を吐きやすいです。

 

そんな胃液を吐いてしまうトイプードルですが、胃液を吐くたびに病院に行くべきなのか迷ってしまいますよね。

 

胃液なんだから病院に行かなくても大丈夫だろうと思う方もいるでしょう。

 

愛犬の体調のためにも胃液を吐いてしまったときはすぐに病院に連れて行くのが一番すが、頻繁に吐いていないのであればしばらく様子を見てから病院に連れて行ってみるのもありです。

 

ですが、1日に何度も胃液を吐いているときや毎日胃液を吐いてしまっているときはすぐに病院に連れて行ってあげてください!

 

また、胃液か判断できないときや愛犬の体調が心配なときも自己判断しないで病院に連れて行きましょう!

 

犬はストレスや病気が原因で吐いてしまうことがあります。

 

愛犬の異変にすぐに対応できるようにするためのも、何度も吐いてしまっているときはすぐに病院に連れて行ってあげてくださいね!

 

まとめ

 

トイプードルに必要なご飯の回数

 

 

  • 子犬は1日4~5回
  • 成犬は1日2~3回
  • 老犬は1日2~3回

 

 

となっています。

 

トイプードルは空腹の時間が長いと胃液を吐いてしまうので、適切な回数でご飯を食べさせて胃液を吐かないようにしましょう!

 

あなたの愛犬も胃液を吐かないないように、愛犬に合った回数でご飯を食べさせてあげてくださいね!

 

また、愛犬が何度も胃液を吐いてしまう場合は、すぐに病院に連れて行ってあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました