タイニープードルとほかのプードルの大きさの違いは?性格の違いは?

タイニープードルは、元祖プードルの「スタンダードプードル」をフランスで交配を重ねて生み出された家庭用のペット犬です。

 

大型のサモエドを改良して小型化されたポメラニアンやスピッツ系の犬種には、それぞれに犬種名が付けられ分類されています。

 

一方、もともとのプードルを改良して小型化した犬種は、その体の大きさによって区分されています。

 

犬種の分類には、その犬種の誕生から改良の経過の中で、それぞれの基準があるように感じられます。

 

そんな小型に改良されたタイニープードルの体の大きさや、ほかのプードルとの違いについて紹介します。

 

タイニープードルは、プードルのどの分類にあてはまるの?

 

人気が高いといわれるプードルですが、知り合いの飼うプードルの大半がトイプードルで、タイニープードルやティーカッププードルを、個人的にはみたことがありません。

 

というのも、現在の日本に登録されているプードルの9割以上がトイプードルといわれ、タイニープードルといった稀少な犬種の登録はやはり少ないようです。

 

そんなプードルという犬種は、現在の日本では体の大きさによって、JKC(ジャパンケンネルクラブ)が、次の4つに分類し認定しています。

 

・スタンダードプードル    体高45センチから60センチ、体重20キロから29キロ 

・ミディアムプードル        体高35センチから45センチ、体重8キロから15キロ

・ミニチュアプードル       体高28センチから35センチ、体重5キロから8キロ

・トイプードル          体高25センチから28センチ、体重3キロ

 

これらの分類をみると、犬の体高と体重が基準となり、階層に区分されているのが分かります。

 

トイプードルより体の小さなタイニープードル、さらに小さな大きさのティーカッププードルの二つの犬種は、JKC(ジャパンケンネルクラブ)では非公認の犬種で、業者の決めた体高や体重の基準が、次のようになっています。

 

・タイニープードル      体高20センチから27センチ、体重2キロから3キロ

・ティーカッププードル   体高20センチ、体重1.5キロから1.8キロ

 

これら二つの犬種名は、現時点ではブリーダーやペットショップでのあくまで販売上の名前です。

 

タイニープードルの性格的な特徴は?体の大きさの影響は?

 

体の大きさで分類されるプードルの中で、非公認ながら、2番目に体の小さなタイニープードルの性格は、ほかの犬種のプードルとどんな違いがあるのでしょうか?

 

一般的に、プードルはほかの犬種に比べても賢く、飼い主に従順で活発な性格の傾向があります。

 

タイニープードルの基本的な性格も、ほかのプードルと似ていますが、体の小ささが、臆病で警戒心を強くし、飼い主に甘えん坊な姿をよりみせるようです。

 

より小さなティーカッププードルは、より甘えん坊な傾向があるようです。

 

また、毛色によっても性格の違いがみられます。

 

白い毛の子が最も従順で甘えん坊な性格が多く、黒い毛の子が最も落ち着いた性格が多いといわれています。

 

個人的には、被毛の色が明るい色の毛の子が陽気である反面、協調性には欠けるような印象があり、アプリコットの毛色の子には、多頭飼いは向いていないように感じます。

 

体の大きさで分類されるタイニープードルが、非公認なのは?

 

タイニープードルが、JKC(ジャパンケンネルクラブ)に正式な公認犬種として認められていないのは、犬種としての歴史の短さと安定した供給が行われていないためと考えられます。

 

小さなトイプードル同士を交配させ、たまたま生まれた犬種といわれるタイニープードル は、新たな犬種として10年ほどしか経過していません。

 

また、現在でもタイニープードルの繁殖は、専門のブリーダーでも安定した繁殖が行えておらず、タイニープードル かどうかも、成犬となってみなければ正確には分からないのが実情です。

 

私の知り合いにも、成犬となったら、普通のトイプードルだったという愛犬家がいます。

 

タイニープードルが、正式な犬種として認められるには、もう少しの時間と安定した繁殖交配の実績が必要だと思われます。

まとめ

 

タイニープードル は、10年ほど前のアメリカで、小さなトイプードル同士を交配させ、たまたま小さな大きさの個体が生まれたのが始まりです。

 

犬種としての歴史も浅く、現時点でも安定した子犬の繁殖ができておらず、体の大きさで区分されるプードルの正式な犬種としてJKC(ジャパンケンネルクラブ)の公認が得られていません。

 

そのため、タイニープードルの名称は、ペットショップやブリーダーが販売するうえでの通称です。

 

正式な公認犬種となるには、犬種の安定した交配結果と時間が必要なようです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました