タイニープードルの散歩はどれくらい必要?時間は?距離は?

タイニープードルは、成犬となっても一般的な子犬程度の体重しかなく、室内犬でもあるため、散歩の必要はないと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

ところが、タイニープードルの祖先にあたるプードルは、鴨猟犬として活躍していたため、その血筋を受け継いで、活発な子が多いのです。

 

ちなみに、我が家にいる15歳を超えた中型犬は、以前は暇さえあれば、散歩の催促をしていましたが、今では朝か夕方の一度に減っています。

 

とはいえ、中型犬よりかなり小さな体のタイニープードルには、どのくらいの散歩が必要なのでしょうか?

 

タイニープードルに必要な散歩の頻度や時間、距離などについて紹介します。

 

タイニープードルに必要な散歩の頻度は?どれくらいの時間が必要?

 

タイニープードルは室内犬として飼育されるため、飼い主が散歩の必要はないと勝手に思い込んで家の中だけで過ごしていると、ストレスを抱えてしまいます。

 

一般的な犬種と同様、タイニープードルも、できれば毎日朝と夕方の二回、15分から20分程度のお散歩に連れ出すのが理想です。

 

しかしながら、飼い主の都合や雨や雪といった気象状況も考慮し、どうしてもお散歩に出かけられない日もあると思います。

 

そんな日には、室内のできるだけ広いスペースを利用して、ボールや綱などのおもちゃを利用して遊ばせることで、ストレスを解消してあげれば大丈夫です。

 

毎日散歩に行かなければならないと思い込むことは、愛犬よりも飼い主の負担やストレスにもなりかねませんので、最低でも一週間に一度の散歩やドッグランで遊ぶ時間を設けてあげるといった代替案を設定しておくのがオススメです。

 

タイニープードルを散歩させる効果は?目的は?

 

タイニープードルにも一般的な犬種と同様、朝夕の二回、それぞれ15分程度の散歩が理想であるのは、前述したとおりですが、散歩に連れ出すのは、愛犬のストレス解消以外にも多くの効果があります。

 

猟犬の血筋をひくタイニープードルを散歩に連れ出すのは、単に運動量の確保だけでなく、犬の精神的な健康や社会性を身につけるためにも有益です。

 

1日に15分程度飼い主と外を歩くことで、愛犬と飼い主のコミュニケーションが図られ、愛犬が外の世界を知ることで社会性も磨かれます。

 

また、室内では行えないしつけも、散歩をしながら行うこともできるメリットがあります。

 

タイニープードルを散歩させる際の飼い主の注意点は?

 

タイニープードルのような超小型犬を散歩させる際には、小型犬や中型犬などの場合よりも、飼い主が注意すべき点は多々あります。

 

体の小さなタイニープードルには、あまりに人混みの多い場所や、足腰の負担がかかるアスファルトの路上ばかりの散歩コースは、あまり適していません。

 

できれば公園や芝生の上など、小さな体に負担がかからず走り回れる場所で散歩の時間を確保してあげるのが、飼い主の注意点です。

 

特に、夏場の暑い時期や冬場の冷え込む時期には、散歩に連れ出す時間や散歩コースには注意が必要です。

 

体高の低いタイニープードル にとって、体感温度の影響が大きいため注意が必要です。

 

また、散歩の途中で愛犬が排泄したウンチは、必ず持ち帰れるようにウンチ袋を忘れないようにし、万が一の下痢に備えて新聞紙なども準備しておくと、回収が簡単に済みます。

 

そして、散歩から戻ったら、室内に入れる前に足を濡れた布やウェットティッシュなどで拭き、汚れがひどい場合にはぬるま湯で洗って乾かしてあげましょう。

 

タイニープードルの被毛はカールしているため、ゴミや虫などが絡まりやすいため、散歩から帰ったタイミングでチェックしておきましょう。

まとめ

 

体の小さなタイニープードルは、猟犬の血筋をひいているため、本来は活発に動き回る犬種で、他の多くの犬種と同様、毎日のお散歩でストレスを解消してあげましょう。

 

タイニープードルのお散歩は毎日、朝夕の二回15分程度づつ連れ出してあげるのが理想ですが、飼い主の事情や天候によっては、週一回ドッグランなどで思いっきり走り回らせたり、飼い主が室内での遊びに付き合ってあげることで代わりにすることもできます。

 

愛犬の散歩は、犬が外の世界を知り、社会性を身につけたり、飼い主との主従関係を意識したコミュニケーションにもつながり、飼い主にとっても楽しい時間となるはずです。

 

そのためには、愛犬と飼い主の双方が無理をせずに継続できる散歩のやり方を、毎日同じではなく、愛犬の体調や様子をみながら、臨機応変に対応するのが飼い主の役割です。

 

とはいえ、愛犬と飼い主の双方が、ハッピーな散歩の方法はそれぞれですから、いろいろ試して、最適な方法をなるべく早めに見つけましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました