タイニープードルの里親になるには?注意すべきことは?

日本人の三人に一人が何らかのペットを飼っている反面、年間10万頭を超える犬や猫が殺処分されていて、タイニープードルなどの希少な犬種も含まれています。

 

そんな状況を改善しようと、さまざまな団体や個人が里親募集などを行っています。

 

今の日本では、犬を家族に迎えるには、ペットショップやブリーダーを通じて購入するのが一般的ですが、保護犬の里親となるのも可哀想な犬を救うことにもなる有益な方法です。

 

そんな保護犬となってしまったタイニープードルの里親となる方法や、里親となる際の注意点などについて紹介します。

 

タイニープードルの里親情報を知るには?

 

犬の飼い主のさまざまな事情や悪徳ブリーダーの破綻や飼育放棄などで、飼い主を失った犬たちは、各地域の保健所や民間の保護施設に一旦保護されます。

 

そんな保護される犬の中には、ペットショップやブリーダーで高値で取引されるタイニープードルのような希少な犬種もいる場合があります。

 

人間の勝手で放り出された犬たちの命は、保護されて一定期間が経過すれば、無情な結末が待っているため、保護した団体や個人が、里親を募集しています。

 

そんな里親募集の多くがネット上に公開され、人気がある里親募集のサイトには、次のようなものがあります。

 

・ペットのおうち         (https://www.pet-home.jp)

・ペットのいのち            (https://satooya.wancat.info)

・dogoo.com                      (https://www.dogoo.com/cgi/satooya/match.cgi)

・NPO日本レスキュー協会     (www.japan-rescue.com/category)

 

それぞれのサイトで、保護犬の情報はもちろん、迷い犬の情報やペットの飼い主のコミュニケーションの場を提供している物など、活動範囲の違いもみられます。

 

この他にも各地区で、犬の保護活動を行っている団体や個人がサイトを立ち上げて里親募集の情報を発信していますので、愛犬を探す際の方法として探してみて下さい。

 

タイニープードルをはじめとした犬の里親となる際の注意点は?

 

犬の里親となるのは、ペットショップやブリーダーで子犬や成犬を購入するのと同様、犬の命を預かることなので、飼い主には、犬の命に対する責任を負う覚悟が求められます。

 

そのため、犬を家族に迎える家族全員の同意を得ることはもちろん、犬を飼う住環境にあるか、犬の寿命の期間の人生設計に経済的な無理がないか、犬との生活に時間を避けるかなど、事前にチェックしておくことが大切です。

 

また、どうしても飼えなくなった際に、犬の面倒をみてくれる人を探す覚悟があるのかも、重要なチェック項目となります。

 

犬の里親制度を利用すれば、ペットショップやブリーダーで犬を購入するよりも初期費用が抑えられます。

 

とはいえ、マイクロチップの登録、医療費、ゲージやトイレシートなどの生活用品の購入には数万円必要ですし、去勢手術や毎年一回の予防接種や健康診断など、毎月継続した費用となるため、金銭的な負担も事前に想定しておきましょう。

 

どんな犬でも年齢を重ねれば、病気や怪我のリスクはあり、その際の面倒をみれるかどうかは、金銭面だけでなく、手間や時間をかける飼い主の責任という覚悟が必要です。

 

特に、タイニープードルのような希少な犬種には、先天的な病気や異常がある保護犬もいるため、里親となった後に発症した場合の医療費などが必要な場合もあります。

 

里親募集の利用で想定されるトラブルやその対策の方法には?

 

インターネットを利用した里親募集を行う保護団体の場合、里親を希望する人とのやりとりに、ある程度のルールが設けられていたり、譲渡に関する重要事項を文書にしたり、トラブルを避ける工夫が取られています。

 

その一方、個人が行っている里親募集では、保護犬の元の飼い主との口約束だけだったり、金銭的な要求が法外な金額だったりと、トラブルになる可能性もあります。

 

特に、ペットショップやブリーダーで高額な取引となるタイニープードルなどは、里親募集としながら、高額なお金の受け渡しを要求されたり、お金だけを払わされるといったトラブルもあるようです。

 

金銭の受け渡しが生じる場合には、犬の受け渡しは、里親を募集している個人や団体の担当者と、実際に対峙することをオススメします。

 

その際、後で「言った、言わない」といったトラブルを避けるためにも、契約書を取り交わしておくのもオススメです。

まとめ

 

タイニープードルのような稀少な犬種の入手方法にも、里親募集が利用できるケースがあります。

 

保護犬の情報は、各地域の保健所や保護団体、あるいは保護活動を行っている個人がネット上で公開されています。

 

保護犬の里親となるのも、ペットショップやブリーダーで犬を購入する場合と同様、犬の命を預かる覚悟と準備が必要です。

 

ただ、保護犬の里親制度を利用する場合、里親探しをしている個人や団体とのトラブルを避けるため、金銭のやり取りや犬の受け渡しなどに関することは、契約書などの文書を取り交わしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました