タイニープードルの値段が高いのはなぜ?値段の相場はどのくらい?

ペットショップで販売される子犬の中でも、タイニープードルの店頭販売の値段をみて驚いた人もいるのではないでしょうか?

 

タイニープードルを購入した知り合いから、その購入金額を聞いて驚いたことがあります。

 

犬種や生後日数など、さまざまな状態で値段に幅がある子犬の値段ですが、希少性の高いタイニープードルは、他の犬種の子犬よりも高額な金額で取引されているようです。

 

犬の値段が違う理由とともに、タイニープードルの値段が高い理由や相場などについて紹介します。

 

販売される子犬の値段に違いがあるのは、なぜ?

 

ペットショップで販売される子犬たちの店頭に表示される値段をみると、犬種の違う犬はもちろん、同じ犬種の子犬でも値段の違いを目にした人もいるのではないでしょうか?

 

子犬の値段の決め方に特別なルールはなく、販売する業者が自由に値段を決められます。

 

といっても、販売する業者もデタラメに値段を決めていては、購入しようとするお客さんや同業者からの反発も予測され、それぞれ判断基準や相場を考慮しながら決められています。

 

一般的に子犬の値段は、子犬の見た目や毛色、大きさ、性別、血統、健康状態、そして顧客の需要度などを主な判断材料に決められます。

 

これらの判断材料のうち、否定的な材料が増えるほど、子犬の値段は安くなるといえ、売れ残って成長した子犬はますます値段が安くなる傾向がみられます。

 

子犬の値段の決め方からも、希少性の高いタイニープードルの値段が高くなるのも当然といえそうです。

 

販売される子犬の値段が高くなる主な理由には?

 

販売される子犬の値段に違いが生じる理由は前述の通りですが、では値段が高くなる主な理由には、どんなことがあるのでしょうか?

 

子犬の犬種が純血種に近く、健康状態の良いほど高い値段がつき、人気の犬種や希少な犬種、メディアなどでブームとなっている犬種も高い値段で取引されます。

 

また、血統書があり、チャンピオン犬の血筋の子犬であることや、性別によっても値段が高くなります。

 

タイニープードルの子犬は、値段が高くなる理由のほとんどすべてがあてはまり、ペットショップでの販売価格が高額になっているわけです。

 

タイニープードルの値段の目安はどれくらい?相場は?

 

タイニープードルより少し大きなトイプードルは、15万から30万円程度の値段が相場とされています。

 

トイプードルの値段は、毛色によって違い、次のような値段が目安となります。

 

・黒、白の被毛                         15万から25万円

 

・シルバー、レッド、アプリコット、クリーム、茶色、カフェオレ、ブルーの被毛                               20万から30万円

 

・シルバー・ベージュ、グレーの被毛               値段は不明

 

タイニープードルも、トイプードルと同程度の15万から30万円程度の値段が相場とされています。

 

体の小さなタイニープードルは、一般的な犬と比べて出産のリスクが高く、生まれた子犬がタイニープードルのサイズの成犬となるかどうかも、現時点では安定していません。

 

また、生まれた子犬が成犬となってみなければ、タイニープードルかどうか予測するのも難しく、生後の体重や体長のチェックも入念に行う必要があり、ブリーダーの手間もかかります。

 

そのため、トイプードルよりも体の小さなタイニープードルの子犬が20万円以下で販売されることはまずなく、優れた血統の子犬であれば、100万円以上の値段で取引されることもあります。

 

知り合いが購入したタイニープードルも100万円以上の値段ではなかったものの、かなりの高額だったので、驚いた記憶があります。

 

そんな値段を少しでも安くしたければ、ペットショップではなく、信頼できるブリーダーから購入するのがオススメですが、ブリーダーの選定は慎重に判断すべきです。

まとめ

 

ペットショップでの子犬の値段は、犬種や子犬の健康状態、血統や人気など、さまざまなことを考慮して、業者が自由に決めています。

 

タイニープードルのような稀少な犬種は、出産や飼育の難しさや手間から高い値段がつけられる傾向にあり、15万円から30万円程度が相場となっていますが、実際には20万円以下で販売されていることは稀です。

 

逆に、100万円を超えるような値段で、取引が行われることも珍しくありません。

 

また、子犬の値段に関わらず、犬を家族として迎え入れば、毎月ある程度の支出が必要となります。

 

タイニープードルに限らず、飼い主は、犬の飼育に必要な経費をあらかじめ想定して準備しておくことが重要で、そうした準備が飼い主と愛犬の両方の幸せにもつながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました