タイニープードルをどこで買う?ペットショップ?ブリーダーは?

タイニープードルを飼いたいと思ったら、どこで買ったら良いのでしょうか?

 

知り合いにタイニープードルが欲しくて、近所のペットショップで購入した人がいますが、なんと成犬になったら、普通のプードルのサイズにまで大きくなっていました。

 

その知り合いは、家族の一員となった愛犬のサイズが気にならなくなったと笑っていましたが、どうしてもタイニープードルが欲しいのであれば、購入先が重要です。

 

犬を購入する際に、一般的に利用するペットショップやブリーダーについて紹介します。

 

犬をペットとして家族に迎えるには、どんな方法がある?

 

今の日本では、犬をペットとして家族に迎えようとしたら、ペットショップでの購入が一般的です。

 

ある特定の犬種を求める場合には、個人繁殖家をはじめとしたブリーダーを利用する人も多くいます。

 

その他にも、保護犬の譲渡会の利用や犬を飼う知り合いから譲り受けるなどの方法が考えられます。

 

タイニープードルのような希少性の高い犬種は、血統や犬の質が重要となるため、個人か繁殖家を含んだブリーダーを利用するのが良いと思います。

 

ペットショップとブリーダー、それぞれのメリットとデメリットは?

 

子犬の入手先として一般的なペットショップ、そしてタイニープードルのような特定犬種の入手先のブリーダーには、それぞれ次のようなメリットとデメリットが考えられます。

 

ペットショップは営業時間内であれば、いつでも好きな時間に訪れることができ、さまざまな犬種の子犬を直接比較検討でき、犬を飼うのに必要な用品なども合わせて調達できます。

それに、購入後のアフターフォローやペット保険の加入も行えるといったメリットもあります。

 

その反面、市場や提携するブリーダーなどから仕入れられた子犬を販売するペットショップでは、子犬の親犬や祖父母犬、育てられた環境、店頭に連れて来られるまでの経緯は分からず、感染病などの心配があります。

 

一方、個人繁殖家を含むブリーダーは、飼いたい子犬や飼育環境を直接見学でき、親犬も見学できる場合もあります。

 

また、繁殖飼育しているブリーダーと直接話すことができ、さまざまな情報を得やすく、血統や犬種によっては、ペットショップなどの仲介業者を介さないため、相場より安く購入できるメリットがあります。

 

その反面、見学にはブリーダーとの事前調整が必要であったり、子犬の取引がブリーダーとの個人売買となるため、売買契約に付随する保証などが曖昧となるなどのデメリットがあります。

 

特に、数は少ないとはいえ、悪徳ブリーダーの存在も素人には分かりにくいのが、飼いたい人にとっては大きな不安材料となります。

 

タイニープードルを買うなら、ペットショップ?ブリーダー?

 

タイニープードルを買うなら、ペットショップとブリーダーのいずれかを選ぶべきかといえば、個人的には信用できるブリーダーが良いと思います。

 

というのも、ペットショップで販売されるタイニープードルの中には、親犬やそれ以前の血統が詳細に確認されていなくて、タイニープードルと謳いながら成犬となってみたら、トイプドードルという現実を周囲に見たことがあるためです。

 

タイニープードルという犬種は厳密には、トイプードルという犬種の血統書が付されるため、親犬や祖父母犬のサイズが重要な判断材料となります。

 

それゆえ、子犬の血統や犬質、飼育環境が確認できるブリーダーからの購入が良いと、個人的には思います。

 

ブリーダーはどうやって選ぶ?悪徳ブリーダーの見分けかたは?

 

タイニープードルの入手先として、ブリーダーの方がベターだというは、前述した通りですが、ブリーダーをどうやって選ぶかは悩ましい問題です。

 

ドッグトレーナーや獣医師の知り合いがいれば、タイニープードルを扱うブリーダーを紹介してもらうのが、もっとも安心なやり方です。

 

タイニープードルを扱うブリーダーは、ツテがなければネット検索などを利用して複数の業者をリストアップし、それぞれを比較検討するべきです。

 

適切なブリーダーであるかどうかは、子犬や飼育している場所の見学を予約する際のブリーダーの対応や、実際の飼育環境を見て判断するのがオススメです。

 

悪徳ブリーダーであれば、何かと理由をつけて見学を嫌がったり、飼育環境が不衛生な場合もあり、判断材料とできます。

 

ただ、子犬の状況や親犬との飼育環境を配慮して、見学の場所を限定する良心的なブリーダーもおられるので、ブリーダーの説明する話をよく聞いて判断しましょう。

 

ブリーダーの良し悪しは、子犬の個人取引をして飼い主となろうとする人が、ブリーダーと直接やり取りする中で、最終的には、ブリーダーが信頼をおける人物かどうかで見分けるしかないと思います。

まとめ

 

タイニープードルのような特定犬種を欲しいと思う場合、ペットショップよりも特定の信頼できるブリーダーから購入するのがオススメです。

 

厳密にはトイプードルと称されるタイニープードルの体のサイズは、親犬や祖父母犬のサイズが大きく影響するため、血統や犬種を確認できるかどうかは重要です。

 

そのため、親犬や祖父母犬との飼育環境も確認でき、飼育してきた人を確認できるブリーダーからの購入が、希望するタイニープードルを愛犬として迎えられる確率を高くします。

 

悪徳ブリーダーかどうかは、直接連絡を取り対面し、やり取りをする中で、信頼関係を築けるかどうかで判断するべきです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました