ポメラニアンの後ろ足に起きやすい怪我は?症状や治療、予防には?

小さな体で活発に走り回るポメラニアンですが、その活発さのためか、足の骨折や脱臼などの怪我も多いと、知り合いのドッグトレーナーから聞いたことがあります。

 

自分の頭の高さほどのソファーやベットに飛び上がったり、飛び降りたりしていた我が家の中型犬も、高齢となった現在では後ろ足が弱くなり、できなくなっています。

 

我が家の中型犬にとっては駆け上がることに問題がない高さでも、小型のポメラニアンには骨折の危険性があり、近所のポメラニアンと遊ばせる際には、気を使います。

 

そんな怪我や病気の危険性が高いポメラニアンの後ろ足に関することを紹介します。

 

ポメラニアンの後ろ足に起きやすい「脱臼」とは?

 

「脱臼」というのは、関節の可動域を超えた動きが原因となり、骨の関節が本来の位置からずれてしまった状態をいいます。

 

柔道の試合などで関節技をかけられた選手が、肘や肩の関節の異常で退場する原因も、「脱臼」と呼ばれる症状が推測でき、激痛が走ります。

 

小さな体で活発に動き回るポメラニアンには、高い場所から飛び降りたり、ジャンプしたり、激しく転んだりといった普段の遊びの中で、中型犬や大型犬なら問題ない程度の動きでも、「脱臼」になりやすいといわれています。

 

「脱臼」は人でも犬でも、関節のある部位なら、身体のどこでも起こります。

 

また、関節の位置がずれてしまう「脱臼」は、すべての犬種で起こる可能性があり、ポメラニアンをはじめ、トイプードルやチワワなどの小型犬に起こりやすく、特に、後ろ足の膝関節に起きやすいのです。

 

ポメラニアンの後ろ足の怪我に多い「膝蓋骨脱臼」とは?

 

前述したように、「脱臼」は関節のある部位なら、身体のどこでも起きます。

 

そんな「脱臼」の中でも、ポメラニアンに多い怪我には、後ろ足の膝のお皿がずれてしまう「膝蓋骨脱臼」があります。

 

「膝蓋骨」は、いわゆる膝のお皿のことで、通常は大腿骨内のくぼみの部分に収まっている「お皿」が、そこから外れた状態の脱臼が、「膝蓋骨脱臼」といわれます。

膝のお皿が内側にずれると「内方脱臼」、外側に外れると「外方脱臼」と呼ばれます。

 

この「膝蓋骨脱臼」には、「外傷性」と「先天性」のものがあります。

 

近所の仲良しのポメラニアンの後ろ足にも、「膝蓋骨脱臼」の症状があり、この子の場合、出産時に産道で後ろ足が引っ掛かったための「先天性」の障害になっています。

 

そのため、近所のポメラニアンは、後ろ足を引きずるような歩き方をし、飼い主の方が、「膝周りに生まれつき異常があり、治療はできない」といわれていて、先天性の場合の治療は、難しいようです。

 

「外傷性」の「膝蓋骨脱臼」には、交通事故や普段の生活の中での高い場所からの飛び降りなどが原因で起きています。

 

日頃、動きが活発なオスの方が脱臼しやすい印象ですが、かかりつけの動物病院では、メスの方がオスよりも発症率が高いと聞いたことがあります。

 

ポメラニアンの後ろ足の「膝蓋骨脱臼」の治療法には?

 

ポメラニアンの後ろ足に起きる「膝蓋骨脱臼」の治療法には、内科的治療と外科的治療があります。

 

内科的治療は、内服薬やサプリメント、半導体レーザー治療などと共に、運動制限や体重制限などを行います。

 

外科的治療は、その名の通り、専門医による患部の手術による治療法です。

 

どちらの治療法を選択するかは、ポメラニアンの年齢や体重などを考慮して、専門医による判断と飼い主の決断が迫られます。

 

我が家の中型犬の老犬も、後ろ足の膝関節の脱臼はないものの、膝周辺の筋肉が弱くなり、サプリメントの服用と体重コントロールのために食事管理を行っています。

 

いずれの治療も、飼い主が愛犬の異常に早期に気づき、かかりつけ医の診断を仰ぐことで、早期治療が可能となり、結果的に治療の辛さや費用の負担も軽減できます。

 

ポメラニアンの後ろ足の脱臼などの怪我を予防するには?

 

ポメラニアンの後ろ足の膝に、生まれつき起きる「膝蓋骨脱臼」は予防しようがありませんが、「外傷性」の怪我は普段の生活で予防が可能ともいえます。

 

人間が生活する室内で飼われることが多いポメラニアンのために、フローリングなどの硬くて滑りやすい床面にカーペットやマットを敷き、生活の導線にある段差を小さくなるような工夫をしてあげることが、膝関節への負担を軽減できます。

 

また、適正体重よりも太っている場合には、運動と食事管理でダイエットさせることで、膝への負担を軽くすることができます。

 

このように、飼い主がポメラニアンの膝の負担になる生活環境を改良し、愛犬の体重を管理することが、膝蓋骨脱臼の予防につながります。

 

そして、最も大事なことは、飼い主がポメラニアンをはじめとした愛犬の状態をよく観察し、気になる症状が現れたことに気づいたら、早めにかかりつけの獣医師に相談することです。

まとめ

 

ポメラニアンのような小型の犬種では、中型犬や大型犬では問題のない階段の段差やちょっとした高さからのジャンプなどが原因となり、後ろ足の膝のお皿がずれる「膝蓋骨脱臼」と呼ばれる怪我をしやすく、後ろ足を引きずるなどの症状が現れます。

 

「膝蓋骨脱臼」の治療には、内服薬やサプリなどを使用した内科的治療と手術などの外科的治療がありますが、日頃の生活環境の見直しや生活習慣の改善で、怪我の予防も可能です。

 

室内飼いされることが多いポメラニアンの後ろ足の怪我には、飼い主の日頃からの観察眼とちょっとした症状に早く気づいてあげることが重要で、早めにかかりつけ医に相談することで重症化することが避けられます。

cyndibecによるPixabayからの画像

Bianca MarianiによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました