ポメラニアンを飼う家庭に、うさぎの同居はできるの?注意点は?

犬と鳥やうさぎ、ハムレットなどの小動物との一緒の暮らしは可能なのでしょうか?

 

最近のペット動画やテレビ番組では、室内飼いする犬と猫、あるいはインコなど、犬と他の小動物との生活を紹介した映像が映し出され、犬だけの多頭飼いとは違う微笑ましさが溢れています。

 

一般的にペットとして飼われる犬とその他の小動物との相性や、そもそも同居できない小動物はどんなものがあるのでしょうか?

 

ここでは、ポメラニアンとうさぎの同居が可能かどうか、犬と他の小動物との相性や同居させる際の注意点などを紹介します。

 

一般的な犬と他の小動物との相性は?

 

犬には、元々は狩猟犬として活躍していた犬種がいるため、同居させようとする小動物の種類によっては、犬の本能で捕獲対象となってしまう場合があったり、犬が動くものを追いかける習性を持つことなども理解しておくことが重要です。

 

きちんとしつけをした犬であっても、ふとした拍子に追いかけ回したり、好奇心で遊ぼうとしたことが、小動物に大きなダメージを与える危険性もあります。

 

例えば、うさぎやフェレットは、ビーグルやウィペット、テリアといった系統の犬種にとって、狩猟で捕獲する対象だったため、同居には細心の注意が必要です。

 

一般的に、うさぎ、フェレット、ハムスター、小鳥といった小動物は、先住犬の犬種や個体同士の相性によって、それぞれで判断すべきですが、同じ部屋での生活は避けるべきです。

 

自宅ですでにポメラニアンなどの室内飼いの犬を飼っている場合、新たに迎え入れる小動物として、カメやトカゲ、ヘビなどの爬虫類やカエルなどの両生類は、犬との相性が悪く、一緒に飼うことはできません。

 

犬とうさぎの相性は、良いの?悪いの?

 

犬とうさぎの相性は、比較的良いといわれますが、無条件にお互いが仲良くできるわけではなく、譲歩する性格のうさぎが配慮することで、犬との関係が成り立つと考えられます。

 

うさぎは社会性を持った小動物で、基本的にはケージの中で飼育されていることに影響があり、犬にも適切なしつけがなされていることが、重要かつ前提です。

 

とはいえ、犬は本能的に動くものを追いかける習性があり、個体差もあるものの、あまりにうさぎを執拗に追いかけ回したり、チョッカイを出そうとするようであれば、うさぎと犬の距離を置かねばなりません。

 

うさぎが、室内飼いするポメラニアンなどの犬との同じ空間でストレスを感じそうなら、一緒のスペースで生活させるのは避け、別々の部屋で飼うようにします。

 

もちろん、うさぎと犬の様子をみて、飼い主が大丈夫そうだと判断し、同じスペースに放す際でも、すぐ側で飼い主が常に注意を払う必要があります。

 

特に、相性を判断する際の初顔合わせでは、うさぎはケージに入れ、犬にはリードをつけた状態にし、時間をかけて慣れるのを待つようにします。

 

うさぎは草食動物で自然界では被捕食者であるため、警戒心が強く、他の動物に対して神経質な傾向があります。

 

また、うさぎはストレスに弱く、犬と一緒のスペースに置かれることは大きなストレスの可能性があります。

 

そのため、時間をかけて慣らし、必ず飼い主が見守っておくことが大切です。

 

ポメラニアンなどの犬と相性が良いうさぎは、ダッチ・ヒマラヤン・ハバナなどです。

 

その反面、イタチやうさぎを狩る血統のテリアなどの犬種とは、一緒にするのは危険です。

 

犬や同居するうさぎにストレスを与えないためには?

 

ポメラニアンなど室内飼いする犬は、適切なしつけ次第で、うさぎなどの小動物との同居が可能となる賢さを持っています。

 

とはいえ、異なる種別の動物を同じ室内の空間に飼うためには、それぞれの動物に適した生活環境を飼い主が工夫して生み出すことが重要です。

 

新たに家族に迎え入れる前に、身体の大きさや本能、性格、それぞれに適した生活環境など、それぞれの動物の知識や特性などを飼い主が理解し、先に住んでいる犬に対して最大の配慮をすることが大切です。

 

人間の世界でも、学校の新入学や編入、留学など、新しい世界に入る側も受け入れる側も、それぞれに神経を使いますが、うまくいくかどうかは、両者の折り合いがつくかどうかによるのと同じです。

 

種別の違う動物同士を、飼い主の勝手で同じスペースに飼おうとするのですから、飼い主はたっぷりの時間をかけ、先に飼っている犬はもちろん、新しいペットにも、慣らさせるための時間と手間をかけ、状況をよくみて、空間を区切るなどの対応も判断します。

まとめ

 

適切なしつけがなされた犬であれば、相性の良い同じ犬同士や猫、うさぎといった他の動物と一緒に暮らすことは可能です。

 

室内飼いに人気のあるポメラニアンは、うさぎとの体格差もそれほどなく、相性もそれほど悪くないとは言われています。

 

ポメラニアンとうさぎを同居させる際には、時間をかけてお互いの存在を慣らし、飼い主は必ず側で見守りながら、相性の良し悪しを判断します。

 

両者のどちらかがストレスを抱えそうな場合には、無理せずに別の部屋で飼うことを選択するのも飼い主の責任です。

JacLou DLによるPixabayからの画像

SpiritzeによるPixabayからの画像

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました