ポメラニアンの抜け毛には病気の可能性も?薄毛の原因や対策は?

ポメラニアンの魅力は、フワフワとした綿毛のような被毛ですが、一年を通して抜け毛があり、換毛期の抜け変わる毛の量は、かなりの量です。

 

そんなポメラニアンの被毛は、飼い主の趣味や嗜好でさまざまにカットされることも多く、近所のポメラニアンも見た目がよく変化します。

 

一方で、ポメラニアンの不自然に多い抜け毛には「アレルギー」の可能性や薄毛の可能性もあり、部分的にハゲてしまうこともあるようです。

 

ポメラニアンの抜け毛対策や、異常に多い抜け毛で考えられる病気の可能性などについて紹介します。

 

ポメラニアンの被毛の抜け変わりの時期は?

 

ポメラニアンの被毛は、体温調節ができるように、上側の被毛のオーバーコートと下側の被毛のアンダーコートの二重構造の「ダブルコート」となっています。

 

春と秋の年に2回の換毛期に、冬毛から夏毛へ、そして、夏毛から冬毛へと生え変わります。

 

そのため、毛量の多いポメラニアンは、換毛期の時期には、特に抜け毛が多く感じられ、薄毛になるのでは?と心配になりますが、下毛にあたるアンダーコートだけが抜けているので、通常は心配ありません。

 

ただ、ポメラニアンの被毛は、一年を通して抜け毛がでるため、ブラッシングやシャンプーなどの対策が日頃から大切です。

 

ポメラニアンの抜け毛の対策には?注意点は?

 

ポメラニアンの一年を通してでる抜け毛には、日頃のブラッシングとシャンプーが対策となり、それぞれの効果と行う際の注意点を押さえておくことが重要です。

 

ブラッシングには、肌への刺激を与えて、被毛の生え替わりを助ける効果があるため、「毛並みを良くする」効果の期待できますが、やり方には注意も必要です。

 

ポメラニアンの毛は細く絡みやすいため、いきなりブラッシングすると毛玉に引っかかったり、まとまった毛が抜けて薄毛となったり、ポメラニアンが痛がって嫌がります。

 

そのため、ブラッシング前にクシで軽く毛並みを整えながら、毛玉をほぐしておくことが大切です。

 

被毛に毛玉ができにくくするためにも、2日に1回、春と秋の換毛期には毎日ブラッシングすることで、抜け毛の対策となり、毎日少しずつケアすることが大切です。

 

また、ひと月に一回程度のシャンプーは、「ニオイ」や「毛並みを良くする」ことに効果が期待でき、被毛と皮膚の健康にも効果的ですが、抜け毛にはそれほど持続した効果は期待できません。

 

ただ、シャンプーのやりすぎは、皮膚が乾燥してフケが増える原因になるので、注意が必要です。

 

ポメラニアンの不自然に多い抜け毛に、病気の可能性も?

 

春と秋の換毛期などの被毛の抜け変わりの時期以外に、抜け毛が大量に増えたり、薄毛になったりするのには、病気やアレルギーの可能性が推察されます。

 

アレルギーによる抜け毛の増加対策には、室内飼いする部屋をこまめに清掃し、空気清浄機などを利用するのも効果的です。

 

また、夏の「暑さ対策」や「抜け毛対策」として行う飼い主も多い、サマーカットのような極端な短い刈り込みは、ポメラニアンの毛質を変えたり伸びにくくするため、「抜け毛」対策には逆効果ともいえそうです。

 

いずれも、日頃からのこまめなブラッシングが、被毛や皮膚の変化に気づくことができ、早期の対策を講じるきっかけとなります。

 

ポメラニアンの薄毛には?脱毛症の特徴は?

 

ポメラニアンに多くみられる薄毛や脱毛症には、偽クッシング症候群、アロペシアX、成長ホルモン不全症などの病気があります。

 

これらの病気は、ポメラニアンに多く発症し、いずれの病気でも痒みがない特徴が一致しています。

 

また、左右対称に毛が抜け、薄毛や脱毛以外に症状が特にない、頭や手足の毛は抜けないことが多い、サマーカットが原因で発症することが多いなどの特徴の共通点があります。

 

有効な治療法には、去勢、メラトニンなどの薬やR&U30などのサプリの服用、定期的なブラッシング、皮膚の保湿、居住空間を清潔にするなどの方法が挙げられます。

 

ただ、現時点ではポメラニアン脱毛症による薄毛は、原因不明のため、特効薬や治療法も確立されているとは言い難く、有効といわれる治療法の効果も個体差があります。

そのため、命に関わる病気ではないため、あえて「治療しない」という選択肢を選ぶ飼い主の方もおられるようです。

まとめ

 

フワフワの被毛が魅力のポメラニアンは、日頃のブラッシングと定期的なシャンプーをこまめに行うことで、抜け毛対策や毛並みの良さに効果が期待できます。

 

その一方、被毛をさまざまにトリミングやカットできるポメラニアンで、サマーカットには注意が必要で、薄毛やポメラニアン脱毛症の発症の危険性も推察されています。

 

ポメラニアンに限らず、犬であればある程度の抜け毛はあり、日々こまめにケアしてあげることを心がけ、薄毛などの症状に、早期に飼い主が気付いてあげることが大切です。

KullerkeksによるPixabayからの画像

Circ ODによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました