ポメラニアンに必要な運動量はどのくらい?散歩で注意すべき点は?

我が家では、15歳を超える雑種の中型犬を飼っているため、朝と夕に散歩へ連れて行っています。

 

愛犬との散歩は、犬を飼う飼い主の多くが、毎日の日課となっていると思いますが、その散歩、あるいは運動量が適切かどうか?疑問や不安を感じる人もいるかもしれません。

 

散歩の量や運動量が不足すると、犬はストレスを抱えて、無駄吠えが増えたり、体調不良などを引き起こすこともあります。

 

ここでは、室内飼いされる犬の中でも人気のポメラニアンの運動量や散歩について、紹介します。

 

犬の適切な運動量は?ポメラニアンに必要な運動量は?

 

犬に必要な運動量は、毎日の日課となる朝と夕方の2回の散歩の時間を目安として判断できます。

 

一般的な犬の散歩時間の目安は、小型犬で20分から30分程度、中型犬で30分程度、大型犬は1時間程度といわれています。

 

このように犬の散歩時間は、犬の体格や大きさで違いますが、犬種による違いはそれほど気にする必要はないともいわれています。

 

つまり、犬の種類によらず、朝と夕方の2回、犬の大きさに合った散歩時間を、毎日歩くようにします。

 

では、小型犬の中でも小さめのポメラニアンは、どのくらいの散歩時間を割けば良いのでしょうか?

 

小さな体でありながら、活発に動き回る印象のあるポメラニアンには、たくさんの運動量が必要かと思いがちですが、前述の散歩の目安時間よりも多少短めで十分です。

 

というのも、ポメラニアンは、骨が細く、関節炎や脱臼を起こしやすい犬種なので、長時間の散歩や激しい運動は避けた方が無難です。

 

具体的には、毎日2回、それぞれ15分程度を目安に散歩させましょう。

 

ポメラニアンの散歩の仕方や注意点は?

 

ポメラニアンをはじめ、犬の散歩には毎日の運動量をこなす目的以外にも、飼い主と愛犬とのコミュニケーションの時間でもあり、愛犬に社会性やしつけを身につけさせる役割もあります。

 

特に、ポメラニアンのように警戒心が強く、運動量が少なくても問題ない犬種の場合には、外の世界を知ることで社会性を身につける意味が大きいといえそうです。

 

そんなポメラニアンの散歩では、飼い主は愛犬の安全を第一に注意を払い、短い時間であっても社会性が身につけられるような散歩コースの選択も大切です。

 

また、ダブルコートの被毛に覆われたポメラニアンは暑さに弱く、夏場の散歩では熱中症や熱くなったアスファルトで肉球を火傷させないように、比較的涼しい早朝や夕暮れの時間帯を選んで出かけるようにします。

 

そして、散歩中の愛犬の勝手な動きを、リードを引っ張って抑制することはせず、飼い主の意図と違う方向に愛犬が歩くような場合には、その場で立ち止まり、おやつなどを利用してコントロールするようにします。

 

さらに、散歩中にニオイを嗅いで情報収集する犬の特性は理解しつつも、道に落ちている物に注意し、愛犬にとって危険のあるものを拾い食いしないように、飼い主がしつけし、止めるようにします。

 

雨の日などの運動や散歩の方法は?

 

雨や雪などで天気が悪い時には、無理に外へ散歩に出掛ける事はなく、室内で運動させるようにします。

 

室内でボール投げやロープなどの引っ張りごっこなどの遊びも、散歩に出掛ける時間と同じ程度の約15分程度を目安にすれば、十分な運動量です。

 

室内で遊ばせる際、ポメラニアンは骨や関節が弱い犬種ですので、段差をジャンプさせたり、駆け上がったり駆け下りる遊びはしないようにします。

 

室内での遊びで適切な運動量が確保できれば、運動不足が原因となる無駄吠えも抑えられます。

 

ただ、室内での遊びでは、散歩の時間と同じ程度で愛犬が満足する場合もあれば、より多くの時間が必要となる場合もあり、それは愛犬の状態でしか判断できません。

 

そのため、室内での遊びで適切な運動量が確保できているかどうかは、飼い主が普段から愛犬の状態をよく観察しておくことが大切です。

 

飼い主が、愛犬の状態をよく観察しておくことは、運動量の判断や病気や怪我の早期発見のためにも重要です。

まとめ

 

小さな体で活発に動き回るポメラニアンですが、骨が細く関節も弱く、足の怪我の多い犬種のひとつで、それほど激しい運動は必要ありません。

 

ポメラニアンは、1日2回、一回15分程度の散歩で十分な運動量で、運動不足による無駄吠えは抑えられます。

 

散歩している間に、飼い主は愛犬とのコミュニケーションを大切にしながら、愛犬に必要なしつけと社会性を身につけられるような工夫をしましょう。

 

その際、飼い主は愛犬の安全を第一に考えた散歩コースの選択や、散歩に出掛ける時間帯にも配慮することが大切です。

272447によるPixabayからの画像

272447によるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました