ポメラニアンの赤ちゃんは毛色で値段が大きく変わる!?

まるでぬいぐるみのように愛くるしいポメラニアンに赤ちゃんですが、購入すると

なるととっても値段が高そうですよね。

 

ポメラニアンを飼ってみたいけど、値段が高いからとあきらめてはいませんか?

 

実は、ポメラニアンの赤ちゃんは毛色によって大きく値段は変わります!

 

値段が高いポメラニアンもいれば、それほど値段が高くないポメラニアンもいるんです。

 

なので、値段が高いからとあきらめる必要はありません!

 

ポメラニアンを飼いたい人のために、ポメラニアンの赤ちゃんんが毛色によってどのように値段の変化があるのか説明していきます!

 

なぜ毛色によって値段が変わるのか?

 

ポメラニアンの毛色は13色もあります!

 

その中でもホワイトやブラックなど珍しい色のポメラニアンは繁殖が難しく、頭数が少ないため値段が高くなってしまうのです。

 

ペットショップなどでよく見かけるレッドやクリームなどは、繁殖があまり難しくないので高額な値段で販売することはありません。

 

毛色は貴重な色ほど値段が高くなってしまい、レッドなど多くの頭数がいる毛色の値段に比べると10万円以上高くなることもあります!

 

もちろん、毛色以外にも体の大きさや性別によって値段が変わってきます。

 

例えば、白いポメラニアンの赤ちゃんがとても小さくてメスだったとしたら、かなり高額な値段になってしまいます。

 

さらに赤ちゃんの親がチャンピオンだともっと値段が高くなってしまいます。

 

このように体のポメラニアンの赤ちゃんは体の大きさや性別だけではなく、珍しい毛色だと値段が大きく変化してしまいます。

 

ポメラニアンの赤ちゃんの値段を毛色ごとにご紹介!

 

ポメラニアンの赤ちゃんの平均的な値段を毛色ごとにご紹介していきます!

 

オレンジ 20~30万円
ホワイト 25~35万円
ブラック 25~35万円
クリーム 20~30万円
オレンジ・セーブル 20~30万円
ウルフセーブル 20~30万円
レッド 20~30万円
ブラック・タン 25~35万円
チョコレート 25~35万円
パーティー・カラー 20~30万円
ブラウン 20~30万円
ブルー 20~30万円
ビーバー 20~30万円

 

以上の値段は平均的な値段なので、ペットショップによってはもっと高額な値段で販売されている場合もあります!

 

また、ブルーやパーティ・カラーのように珍しい毛色でもドッグショーの減点となってしまう毛色は、高額な値段では販売されない場合もあります。

 

ちなみにオレンジ・セーブルはオレンジと褐色が混ざっている毛色ですが、2つの色がきれいに混ざっていると値段が上がるらしいです!

 

ポメラニアンを飼おうと思っている人は、こちらの表を参考にしてみてください!

 

ポメラニアンの赤ちゃんを安く購入するには?

犬を飼うときって少しでもいいから安く購入したいですよね。

 

そんな人たちのためにポメラニアンの赤ちゃんを安く購入する秘訣をご紹介します!

 

【いろいろなペットショップを調べる】

ペットショップによっては全く同じ毛色や全く同じ大きさでも値段が全然違います!

 

安い値段で購入するなら、ネットでたくさんのペットショップを調べてみるのがおすすめです。

 

また、いいなと思った犬を見つけたらお店に電話して確認するのがベストです!

 

値段が安いとすぐにほかの人に購入されてしまう場合もあるので、電話して売れていないか確認してからペットショップに行きましょう!

 

ちなみにお店によっては電話すると商談中にして、ほかの人が購入しないようにしてくれる場合もありますよ!

 

【セールなどを狙う】

ペットショップは年に何回かセールを実施して、犬の値段を下げていることがあります。

 

犬の値段が5万円以上安くなる場合もあるので、常にペットショップのホームページをチェックしておきましょう!

 

しかし、必ずしも全ての犬の値段が下がるというわけではないので、ネットできちんと確認しておきましょう!

 

【オスを選ぶ】

ポメラニアンに限らず、犬はオスだと多少安くなります。

 

特に性別にこだわりがないのであれば、オスを選ぶのもおすすめです!

 

【体の大きい子を選ぶ】

犬は体が小さい子のほうが値段が高いです。

 

例えば、プードルでもトイプードルよりも体が小さいティーカッププードルのほうが値段が高く、場合によっては2倍近く値段が高くなることもあります。

 

なので、少しでも安い値段で購入するなら体が大きいポメラニアンを購入するのもおすすめです。

 

ちなみに赤ちゃんのときに体が大きくても成犬になったときにすごく大きくなるとは限りません。

 

赤ちゃんのときに体が大きくても成犬のときは体が小さい子もいます。

 

【生後3ヶ月以上の子を選ぶ】

ペットショップは生後3ヶ月未満の子は高い値段で販売していますが、生後3ヶ月以上の子は早めに売るために値下げして販売しています。

 

その理由は、子犬の成長はとても早く、生後3ヶ月過ぎるとかなり体が大きくなってしまうからです。

 

犬は体が小さく年齢が若いほうが人気のため、大きくなってしまうと値下げをします。

 

しかし、ポメラニアンの場合珍しい毛色だと生後3ヶ月過ぎる前に売れてしまう場合が多いです。

 

以上がポメラニアンの赤ちゃんを安く購入する秘訣です!

 

あまり毛色や性別にこだわりがないのであれば、いろいろなペットショップを調べて、安い値段のポメラニアンの赤ちゃんを探してみてください!

 

まとめ

 

ポメラニアンの赤ちゃんは珍しい毛色は繁殖が難しいため値段が高くなってしまいます。

 

ですが、ペットショップによって値段が大きく変わるので、どうしても安い値段でポメラニアンの赤ちゃんを購入したいのであれば、いろいろなペットショップを調べれば、安く購入できることもできます!

 

ポメラニアンを飼ってみたいけどあまり高額な値段で購入できないときは、レッドやクリームなど珍しくない毛色のポメラニアンの赤ちゃんを購入してみてはいかがですか?

 

どんな毛色のポメラニアンでもみんなそれぞれの個性があってとってもかわいいですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました