ポメラニアンは、いびきをかく?原因や異常の見分け方は?

少し昔の日本では犬の外飼いが一般的でしたが、最近は室内飼いが主流となり、愛犬のいびきを聞いたり、気になる飼い主も多いのではないでしょうか?

 

我が家の15歳を超えた雑種の中型犬も、幼い頃から熟睡しているといびきをかいていたため、かかりつけの動物病院に相談したことがあります。

 

診断の結果、我が家のおじいちゃん犬のいびきには、病的な原因はないといわれているため、それほど気にしたことはありません。

 

室内飼いで人気のポメラニアンのいびきの原因や異常を見分ける目安などを紹介します。

 

そもそも、犬はいびきをかくの?いびきの原因は?

 

人間は肥満や疲れなど、体格や生活習慣などが原因となって、いびきをかく人がいます。

 

犬も人と同じように肺で呼吸するため、鼻や口、そして気管が何らかの原因で狭くなってしまえば、「いびき」を引き起こします。

 

犬の「いびき」の原因には、鼻が短くつぶれている短頭種と呼ばれる犬種では、先天的にいびきをかきやすいとされています。

 

ポメラニアンも短頭種の一種とされ、いびきをかきやすい犬種です。

 

また、いびきをかく人に肥満の傾向があるように、肥満の犬も、脂肪で喉や気管が狭くなり、いびきをかきやすくなります。

 

そのほか、鼻や口の粘膜が傷ついたり、病気治療のために飲む薬の副作用も、いびきの原因となります。

 

愛犬にいびきがある場合、飼い主は昼間の呼吸状態を観察し、昼間の呼吸がしずらそうに見える場合には病気を疑って、かかりつけの動物病院を受診した方が良いと思います。

 

病気を疑う「いびき」とそうでない「いびき」の見分け方は?

 

ポメラニアンのような短頭種では、鼻が短くつぶれた形状のため「いびき」をかきやすいといわれています。

 

そのため、幼い頃から普段のいびきを見ている飼い主さんは、愛犬のいびきが普段と変わらないものであれば、様子をみて大丈夫だと推測できます。

 

ただ、以前はいびきをかいていなかった愛犬が、突然いびきをかき始めたり、これまでとは違って極端に酷くなったという変化が起きれば、動物病院を受診することをオススメします。

 

「いびき」をかくのは、呼吸に関係する鼻や口、気管支などに何らかの問題があると考えられ、病気の可能性もあるため、獣医師に相談するのが得策です。

 

いびきの原因となる病気になりやすい犬種には?年齢は?

 

「いびき」の原因となる病気になりやすい犬種には、短頭種と呼ばれる犬で、中高年の犬に多くみられるようです。

 

短頭種には、前述したようにポメラニアンをはじめ、パグやフレンチブルドッグ、チワワ、ヨークシャテリア、マルチーズなどの鼻ぺちゃの犬種が挙げられます。

 

これら以外にも、シー・ズー、ペキニーズ、ボストン・テリア、チベタン・スパニエル、チャウ・チャウ、ブリュッセル・グリフォン、ちん、ボクサーといった犬種も挙げられます。

 

これらの短頭種の犬は鼻腔が短いため、体温調節が苦手で、ハアハアいう呼吸の変化にも飼い主は気を付けなければなりません。

 

また、鼻が短く上向きで、喉の入り口の軟口蓋が長い犬であるため、酸素がうまく取り込めず呼吸器に負担がかかる傾向にあり、熱中症には、特に注意が必要です。

 

しかも、いびきの原因となる病気は、中高齢になった犬に多くみられ、飼い主が日頃から愛犬の呼吸状態に気をつけて、早期にかかりつけの獣医師の診断を受けることが重要です。

 

肥満が原因でいびきが引き起こされている場合には、散歩の時間を増やしたり、食事やおやつを適切に調節して、適正な体重に戻してあげることが大切です。

 

愛犬が近くで「いびき」をかいて寝ている姿をみると、飼い主としては、信頼されている実感と可愛らしさを感じるものですが、隠れた病気の可能性もあります。

 

隠れた病気の発見のためには、単なる「いびき」ですが、飼い主が普段から愛犬の状態をよく観察しておくことが重要です。

まとめ

 

ポメラニアンは鼻腔が短く、鼻がつぶれたハナペチャの骨格の短頭種で、「いびき」をかきやすい犬種です。

 

ポメラニアンをはじめとした短頭種の犬の「いびき」は、肥満や隠れた病気、薬の服用による副作用などが推測されます。

 

特に、中高齢となって酷くなった「いびき」の場合には、隠れた病気の可能性もあり、不安を感じる場合には、なるべく早めに動物病院での診療を受けるようにしましょう。

 

また、肥満が原因となった「いびき」には、散歩や食事の管理によるダイエットなどが解決策となります。

 

いずれの場合にも、普段から飼い主が愛犬を観察して、変化に気付ける準備をしておくことが重要です。

Сергей КорчановによるPixabayからの画像

Michelle MariaによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました