ポメラニアンの子犬を家族に迎えるには?いくらぐらい必要なの?

クリっとした丸い目に、フワフワの毛に覆われたポメラニアンは、その見た目の可愛さから飼ってみたいと思う人も多いと思います。

 

いざ、ポメラニアンを飼おうとすれば、ペットショップで買うのか、専門のブリーダーに頼むのか、里親制度を利用すべきかなど、入手方法にも迷ってしまいます。

 

実際に、ペットショップなどで見かけるポメラニアンの子犬には、十数万円や30万円などの値札がつけられ、いくらが妥当な金額なのかも、迷ってしまいます。

 

我が家には、これまで三頭の犬を迎えましたが、いずれも、知り合いのお宅に生まれた子犬を譲り受けたため、どのくらいの謝礼を渡すべきか、悩んだ記憶があります。

 

ポメラニアンの子犬を譲り受けるのには、どのくらい必要で、どんな入手方法を選べば良いか?などについて紹介します。

 

ポメラニアンの子犬の価格は、いくらぐらいなの?

 

ポメラニアンの子犬の価格がいくらは、入手方法や個体によっても違います。

 

ペットショップやブリーダーから購入すれば、一般的には、約15万円から30万円程度とされています。

 

犬に定価はなく、価格はさまざまで、実際には10万円以下や、逆に100万円を超える価格もあります。

 

里親制度を利用すれば、子犬そのものは無料ですが、ワクチン接種費用、避妊や去勢手術にかかった費用は請求される場合があります。

 

ポメラニアンの子犬の価格に違いがあるのは、なぜ?

 

ペットショップやブリーダーなどによって流通されるポメラニアンの子犬の値段は、定価がないため、前述のような相場に基づいて、さまざまな価格が設定されます。

 

このようなポメラニアンの子犬の価格に違いが生じるのは、生後どのくらいの個体か?顔立ちは?体型が美形か?健康であるか?先天性の疾患がないか?といったことが影響します。

 

価格が高いか、安いかは、子犬を購入しようとする人によっても違いますが、前述の相場を目安に判断します。

その際、ポメラニアンの価格が極端に安い場合には注意が必要で、ショップの担当者やブリーダーに確認することが重要です。

 

個体の生後日数や人気の毛色、レアカラーなどの理由で、価格がいくらか高くなる場合もあります。

 

また、ドッグショーなどの受賞歴がある親の血統の子犬には、破格な価格が付けられる場合もあります。

 

しかも、ペットショップは市場や卸業者などから仕入れるため、仲介料が価格に上乗せさせれるため、適切な価格で入手しようとすれば、質の良いブリーダーから直接譲ってもらったほうが良いでしょう。

 

ポメラニアンをブリーダーから迎えた方が良い理由は?

 

ポメラニアンの入手先に質の良いブリーダーがオススメな理由は、次のようなことが挙げられます。

 

まず、ブリーダーが扱う子犬は、遺伝的な疾患や感染症などに関する管理が適切に行われ、健康的な問題を抱える状態での商取引がなされません。

 

それに、親犬や兄弟犬の状態を見たうえで、相性の良い子犬を選ぶことも可能で、家に迎え入れた後に困ったことが起きた際には相談できるなどの、心理的な安心感があります。

 

また、ブリーダーが取り扱う子犬には、ペットショップとは違い仲介料が価格に上乗せされることもないため、いくらで入手できるかは直接交渉もでき、納得感もあります。

 

ただ、ブリーダーにも悪徳業者がありますので、犬舎や親犬、兄弟犬を直接確認するのが大切です。

 

ポメラニアンを里親制度を利用して迎えるには?

 

ペットショップやブリーダーから購入すれば、売主がいくらと設定した価格の費用が必要ですが、里親制度を利用すれば、無償で譲り受けることができます。

 

ただ、譲渡してもらう犬は無償でも、ワクチン接種代や去勢手術にかかった費用などの実費負担は必要です。

 

我が家では、知り合いから犬を譲り受けた際にも、生まれてから譲り受けるまでの期間にかかった餌代や心付け程度の謝礼を渡しましたが、その金額に基準がないのも悩ましいものです。

 

ポメラニアンなど犬種を限定する場合には、里親探しをする社会福祉法人、NPO法人、ボランティア団体、フリーペーパー、近所の動物病院などに提供される情報を収集しましょう。

 

特に、保健所や譲渡会、動物病院などで探すと、捨て犬やペットショップ、ブリーダーで売れずに成長した犬などがいるため、心身いずれかに傷を負っている犬もいます。

 

里親制度を利用する際には、子犬に限定するのではなく、犬が好きなことはもちろん、家族で犬を終生面倒みる気持ちが大切です。

まとめ

 

ポメラニアン に限らず、子犬を家族に迎え入れるには、ペットショップやブリーダーから購入する方法や、里親制度を利用する入手方法があります。

 

市場で商取引されるポメラニアンの子犬は、15万円から30万円程度の価格が設定されて流通しています。

 

個体による価格の違いは、毛色や容姿、健康状態などによるものです。

 

親犬や兄弟犬の状態や遺伝的な疾患、感染症などを適切に管理したブリーダーから購入するのがおすすめで、いくらで入手するのかも、直接交渉して納得したうえで迎えられます。

PurplehorseによるPixabayからの画像

Michelle MariaによるPixabayからの画像

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました