ポメラニアンが威嚇するのは?犬の感情の表現をどう読み取るの?

小さな体で活発に走り回るポメラニアンは、フワフワの毛で綿毛のように見え、その姿からは可愛らしさしか感じられませんが、さまざまな感情を全身で表現します。

 

小さな体のわりに気が強いポメラニアンは、飼い主に対しても威嚇することがあります。

 

近所に飼われているポメラニアンも、家の前を通る人に、可愛い鳴き声で威嚇してよく吠えています。

 

ポメラニアンをはじめとした犬が、体の姿勢や尻尾、動作などで表現するさまざまな感情をどう解釈するのか、紹介します。

 

ポメラニアンをはじめとした犬の口からわかる感情は?

 

ポメラニアンをはじめとした犬の感情は、口元を開けているのか、閉じているのかを見るだけでも、飼い主はさまざまに感情を判断できます。

 

ポメラニアンが口を開け、口元が上がっていれば、「嬉しさ」や「リラックス」している状態と解釈でき、口元が短くなっていれば、「ストレス」や「緊張感」を感じていると推測できます。

 

また、口を閉じていれば、何かに集中している状態や「不快感」、「警戒心」が読み取れます。

 

特に、口を閉じ気味にし、犬歯をむき出しにしている状態は、警戒心を感じて「威嚇」している状況です。

 

嬉しさや悲しさ、怖さなどが顔にでる人間と同様、ポメラニアンも顔や体全体を使って表します。

 

ポメラニアンの感情は、目を見てもわかる?

 

「目は心の窓」という言葉があるように、人の感情が目に現れるように、ポメラニアンの感情も目に現れます。

 

リラックスした状態のポメラニアンの目は、魅力のひとつでもある可愛らしいまん丸の目をしています。

 

ところが、興奮したり、恐怖を感じる状態では、目を大きく見開いた状態が多くなります。

 

また、人と人の関係では、相手の目を合わせて話すことが礼儀だと言われたりしますが、ポメラニアンなどの犬の場合には、目線を合わせるときには、「威嚇」や「警戒感」を表しています。

 

ただ、信頼関係が構築された犬と飼い主の視線が合うのは、犬の飼い主に対する「好意」を表している場合が多く、そのときの犬の目が優しい眼差しかどうかで判断できます。

 

その一方、視線を逸らしたり、視線を合わさないのは、犬の「不安感」や対峙する相手に「敵意がない」ことを表していて、人が相手を意図的に無視する意味とは異なります。

 

ポメラニアンが威嚇して唸る理由は?

 

小さな体でぬいぐるみのように動き回るポメラニアンですが、実は気が強く、意外に犬歯を剥き出して威嚇したり、唸ったりもします。

 

ポメラニアンをはじめとした犬が唸る理由には、次のような原因が挙げられます。

 

・恐怖心や警戒心によるもの

・楽しさのあまり興奮している場合

・対峙する人や犬に自分の優位性を示そうとする場合

・餌やモノに対する執着をみせる場合

・犬の要求をアピールする場合

 

犬は警戒心が強く、人間には聞こえない遠くの音や高周波の音も聞こえるため、警戒や恐怖を抱くことも多くなるわけです。

 

そのため、知らない場所や人などに接すると、犬は警戒し、唸って威嚇したりします。

 

その反面、飼い主との遊びの最中などに、楽しさのあまり唸る行動もみられます。

 

遊んでいる最中などに唸った場合、歯茎を見せているかどうかで、その意味が違います。

 

嬉しくて唸っているときには、歯茎を見せることはなく、表情も柔らかいのが特徴ですので、飼い主は唸られている状況に驚くことなく、愛犬の感情を適切に理解してあげましょう。

 

そして、犬が対峙する人や犬に対して唸って威嚇するのには、自分が優位な立場にあることを主張する「マウンティング」の意味の場合もあります。

 

また、自分の餌やモノに執着の強い犬の性質から、食事中の餌や遊んでいるおもちゃが取られそうになっていると感じると、唸って威嚇する場合もあります。

 

さらに、自分がやりたい遊びや散歩、餌の要求など、飼い主にアピールするために唸って威嚇することもあります。

 

犬が唸って威嚇するのをやめさせるには?

 

犬が唸って威嚇するのには、前述したように、犬がもつ警戒心や恐怖心が引き金となって起きる場合が大半で、その原因を取り除いてあげれば、威嚇するのをやめさせられます。

 

また、犬は一緒に暮らす人間の家族の一員として、その中で自分の立ち位置を自然に順位づけしてしまいます。

 

言い換えれば、犬が飼い主である人間よりも、自分が上の立場にあると誤認してしまえば、飼い主に対して唸って威嚇し、自分の主張を通そうとするわけです。

 

そのため、ポメラニアンのような小型の犬から大型犬まで、飼い主は愛犬のわがままや粗相に厳格な態度で接し、きっちりとした上下関係を作り上げるのが重要です。

 

そして、飼い主が愛犬に適切なしつけを行うようにすれば、犬が唸って威嚇する行為をやめさせる事につながります。

まとめ

 

犬は人より優れた聴覚や嗅覚などを持っているため、新しい場所や人などには、警戒感や恐怖心を抱きやすく、唸って威嚇する場合も多くあります。

 

特に小さな体のポメラニアンは、他の犬種に比べても、警戒心が強く、唸ったり威嚇する行動もよくみられます。

 

必要以上の威嚇行動には、飼い主の適切なしつけや、飼い主との上下関係が逆転している場合には、適切な関係の再構築も必要です。

 

犬を飼い始めた初心者であれば、ドッグトレーナーなどに相談するのもオススメです。

freegrによるPixabayからの画像

Валентин СимеоновによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました