江戸時代は、どんな犬の飼い方がなされていたのか?犬と人の関係は?

ペットブームが浸透した現代の日本では、犬はペットというより、家族の一員として生活を共にする飼い主が増えていますが、前近代社会の江戸時代はどうだったのでしょうか?

 

江戸時代の犬といえば、日本史の歴史の授業で教わった五代将軍徳川綱吉の「生類憐みの令」を連想する人も多いかもしれません。

 

この法令により、人よりも犬が尊重され、綱吉は犬公方と揶揄されるほどの悪名高き将軍となりましたが、綱吉の目的自体は、今の動物愛護法のようなものと推測されます。

 

江戸時代に飼われていた犬の種類や、犬の飼い方などについて紹介します。

 

江戸時代に飼われていた犬の種類には?

 

江戸時代に犬を飼っていたのは、今とは違い大名やお金持ちの商人といった一部の特権階級だったと考えられます。

 

そんなお金持ちたちが飼っていた犬には、日本原産の狆(チン)が最も人気だったようで、時代劇などでも、白と黒の被毛のチンが登場します。

 

江戸時代では、チンは座敷犬、あるいは抱き犬とした犬の飼い方で、貴族にも人気があったと言われています。

 

また、鎖国にあった江戸時代には、オランダなどとの貿易で大名などに大型犬などが献上され、狩猟などに利用されていたようです。

 

江戸時代の一般人は犬を飼っていたの?犬の飼い方は?

 

今では、一般家庭で犬を家族の一員として飼育していますが、江戸時代には、特定の飼い主がいない野良犬の状態で、特定の地域に住み着いていたようです。

 

現在の離島などにみられる地域猫のような状況が、江戸時代の人の犬の飼い方で、一般の人にとって、犬は野良犬と飼い犬の間のような立場だったと考えられ、不特定の人が餌を与えていたようです。

 

そのため、将軍綱吉の発令した「生類憐みの令」によって、一般庶民が野良犬としてうろつく犬を邪険にすることもできず、悪法と呼ばれ、綱吉は犬公方と揶揄されたわけです。

 

ただ、綱吉の法令が、犬のそれまでの立場を変え、現代のペットのスタート地点となったとも考えられます。

 

江戸時代の犬の飼い方を示した指南書には?

 

江戸時代の五代将軍の綱吉による「生類憐みの令」の発布にみられるように、それまでの犬の立場は家畜から、現代にも通じる家族の一員という考え方に変化しています。

 

社会が安定して人々の生活も豊かになると、一部の特権階級だけだった犬や金魚などのペットの飼育が、庶民にも広がります。

 

ペットの飼育が広がったことを裏付けるように、犬の飼い方を教える飼育書が発刊されています。

 

「犬狗養畜傳」(いぬくようちくでん)は、江戸時代に人気があった犬の飼い方を書いた本で、読本作家で絵師の暁鐘成によって執筆されています。

 

この飼育書は、現代の犬の飼い方にも通じる「犬の一生を面倒すべきとする終生飼育」を世界に先駆けて訴えた内容となっています。

 

犬の飼い方に必要な日々の餌の与え方から、犬がかかりやすい病気や怪我、寄生虫の駆除、それらに効く薬まで、この本には書かれています。

 

犬の飼い方を紹介した現代の本の解説のやり方に通じるような、絵を使ったさまざまな飼育の方法を紹介した手法がとられています。

 

しかも、病気の犬に与える餌に、消化しやすい調理方法や食事の内容を変える、あるいは餌のやり方や与える時間などの工夫まで、細かな指示も書き加えられています。

 

こうした犬の飼い方の指南書の存在からも、江戸時代での犬の飼い方が、それまでの家畜として扱われていた犬と飼い主の関わりが変化したことを示しています。

 

江戸時代のペットは、犬の他にも?

 

江戸時代には、犬の他にも猫や金魚、ウグイス、ウズラなども飼われていたようです。

 

また、江戸時代を想定した時代劇ドラマなどでも、金魚売りや鈴虫の虫かご売りが登場するように、鈴虫、蛍、こおろぎなど、たくさんの種類の動物や虫がペットとして飼育されていました。

 

現代のペットブームが浸透しているように、それまでの戦国時代が終わり、江戸幕府の安定した社会情勢が、人と身近な犬の立場も変化させ、犬の飼い方にも変化をみせたと考えられます。

まとめ

 

江戸時代の犬の飼い方には、五代将軍綱吉の生類憐みの令の発令、あるいは「犬狗養畜傳」(いぬくようちくでん)といった指南書の存在が、それまでとは変化したことを示しています。

 

江戸時代の前半では、特定の地域で野良犬と飼い犬の中間の存在として人と関わっていた犬が、次第に特定の飼い主と犬の関係に変化しています。

 

現代の動物保護法や犬と飼い主との関係は、江戸時代にすでにその基盤が準備されていたように思われます。

TheOtherKevによるPixabayからの画像

Engin_AkyurtによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました