犬の飼い方は外飼い?室内飼い?外飼いのメリットやデメリットは?

私が小学生だった昭和50年代には、通学路にある家で外飼いされた犬を見かけていましたが、最近では、ほとんど見かけなくなっています。

 

犬の飼い方は近年では、以前とは変わり室内飼いすることが一般的となっています。

 

そのため、犬を外飼いにすることに対して、犬がかわいそうな印象を受けますが、住宅の状況や犬種によっても外飼いを選択する場合もあると思われます。

 

犬を外飼いする場合のメリットやデメリット、気をつけるべき点などについて紹介します。

 

犬の飼い方が、外飼いから室内飼いに変わった理由は?

 

犬の飼い方が、外飼いから室内飼いに変わった理由には、日本の住宅事情や家族構成の変化、そして、犬と飼い主との関係性の変化が推測できます。

 

昭和40年代から50年代の日本での住宅は戸建てが主流で、二世帯や三世帯が同居する家族構成が多い状況でした。

 

戸建ての住宅環境から、犬が番犬としての役割を果たしてくれるように、外飼いが多い状況だったのです。

 

そんな状況も時代の変化と共に、戸建てから集合住宅やニュータウンなどのまちづくりへと変化し、家族構成も核家族が増加します。

 

それに連れて、犬に対する飼い主の意識も変化し、番犬から家族の一員として暮らすイメージが強くなり、外飼いから室内飼いが主流となったと考えられます。

 

昭和50年代に我が家で飼っていた犬は外飼いでしたが、現在の三代目の犬は室内飼いしていますので、犬の飼い方の変化を実感しています。

 

犬を外飼いにするメリットは?

 

現在の日本犬のルーツは、縄文時代の日本人と一緒に暮らしていた縄文犬といわれ、狩猟の相棒として人間と生活を共にしていたと推察されています。

 

そのため、犬の飼い方として外飼いも間違いではなく、次のようなメリットもあります。

 

・犬の抜け毛や散歩の後の砂や土、排泄の失敗などによる部屋が汚れない

 

・部屋の中に犬の臭いがつかない

 

・室内にあるヘアピンや輪ゴム、タバコなどを、犬が誤飲する危険を避けられる

 

・散歩や外出先から帰宅した後の犬のケアの手間がかからない

 

我が家でも犬を外飼いしていた頃には、室内飼いとは違い犬の排泄や、犬の誤飲に神経を使っていなかったように思え、室内飼いすると飼い主の負担は増える実感があります。

 

犬を外飼いにするデメリットは?

 

犬の外飼いには、飼い主にとっての手間が省けるメリットがありますが、次のようなデメリットも考えられます。

 

・犬の外飼いには、犬にとってノミやダニなどの寄生虫、ウイルスなどの感染確率が高くなり、夏の猛暑や冬の寒さが犬にとっては負担になる

 

・雷鳴や道路の車のクラクションなど、突発的な影響でつないでいる鎖を切ったり、脱走の危険性がある

 

・土や砂、黄砂などによる被毛の汚れで、清潔に保つためのシャンプーなどをこまめにする手間が増える

 

・突然の大雨や雷雨、大雪などの悪天候の影響

 

・自宅への来客や訪問者に対する吠え声が、トラブルや近所迷惑となる可能性が高くなる

 

・飼い主の目が届かないため、通行人などから悪質なイタズラを受ける危険性や連れされる危険もある

 

昭和や平成の始めに多くみられた外飼いでの犬の飼い方には、地域コミュニティのつながりが前提となっていましたが、最近ではその環境も変化しています。

 

そのため、犬の外飼いには、犬にとってのメリットよりもデメリットが多いように思われます。

 

外飼いに向かない犬種には?外飼いする際の注意点は?

 

犬の飼い方として外飼いを選ぶ場合、日本の気候風土に適した被毛の生え替わりや、暑さや寒さに耐えられる日本原産の日本犬は、それほど問題ないとされています。

 

しかしながら、被毛が二重になっていないシングルコートのチワワやミニチュアダックスフントなどの小型犬、ミニチュアピンシャーなどの短毛種、鼻ぺちゃなフレンチブルドッグやパグなどの短頭種は、外飼いには向いていません。

 

これらの犬種は、外界の暑さや寒さへの適応力が弱く、ペットとしての室内飼いを前提として犬種改良が施されているため、外飼いは避けましょう。

 

しかも、外飼いに向かない洋犬の多くは、独立心の強い日本犬に比べて精神的に飼い主に依存する傾向が強いため、外飼いすると体調やストレスを感じやすいとも言われます。

 

また、外飼いする時には、室内飼いの場合と同様、犬が安心できる場所を確保するために屋外用サークルを設置したり、つないでおく鎖の長さも長すぎず、短すぎない適切な長さに調節するように注意しましょう。

 

そして、温暖化の影響で気温が上昇しやすくなっている状況を考えて、夏場の猛暑や天候不良時の対策も準備し、状況によっては家の中に入れるようにしましょう。

まとめ

 

犬の飼い方に外飼いを選ぶ場合には、適応できる犬種かどうかを見極め、外飼いでのメリットやデメリット、トラブルの可能性なども考慮して判断することが大切です。

 

そのうえで、犬の飼い方に外飼いを選択する際には、室内飼いする場合と同様に、犬が安心して過ごせる空間を準備してあげましょう。

 

そのためには、屋外用サークル、適切な長さの鎖、トイレスペース、天候の変化でも安心して過ごせる犬小屋など、適切な準備を行います。

 

悪天候や緊急事態には、犬を速やかに家の中に入れられる状況を作っておくことも大切です。

NJWB68によるPixabayからの画像

Linnea HernerによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました