スポンサーリンク

犬の飼育を始める初心者の心構えは?飼いやすいオススメの犬種は?

雑記

犬を飼おうと思ってペットショップの店頭を覗くと、さまざまな犬種の子犬を目の前にして、ワクワクするのではないでしょうか?

 

その一方、平均寿命が12年から15年といわれる犬の命を預かって飼育する期間を考えると、自分や家族のパートナーとなる犬をどう選べば良いか?迷ってしまう人も多いかもしれません。

 

特に、これまで犬を飼ったことがなく、初めて犬を家族に迎える人にとっては、犬を飼育することへの疑問や不安も抱えているかもしれません。

 

犬を初めて家族に迎えて飼育を始める初心者の方が注意すべき点や心構え、オススメの犬種などを紹介します。

 

初めて犬を飼う人が、犬を迎える前に考えるべきことは?

 

初めて犬を飼う人には、犬との生活をイメージしにくいかもしれませんが、犬を飼い始めると、飼い主のそれまでの生活も大きく変化します。

 

そのため、日々の世話や犬の生活環境、犬との暮らしに必要な犬のしつけ、飼育に必要な費用などを考えるべきです。

 

まず、犬を飼うと朝晩の餌やりと散歩、排泄の処理、ブラッシングなどの世話が必要です。

 

これらの世話は、飼い主が忙しくても時間を割く必要があり、生活の時間の見直しや時間の使い方を考えなければなりません。

 

また、犬の飼育には、毎日与えるドッグフードを中心とした餌代やおやつ代、定期的に受診する動物病院の診療費や予防接種の費用、突発的な病気や怪我の治療費などの費用がかかります。

 

月単位、あるいは年ごとに必要となる犬の飼育費は、一頭の犬の生涯を面倒みると約300万円から500万円必要といわれます。

 

そのイメージは自家用車を一台購入して維持する金額と似ているともいわれ、飼い主は必要となる費用をいかに確保するかも考えておかねばなりません。

 

それに、犬を飼うための生活環境についても、物理的な居住空間はもちろん、世話をする飼い主と協力してくれる家族、あるいは親族、友人なども確保できるか、考えておかねばなりません。

 

さらに、犬を飼うとそれまで自由に出かけていた旅行や、飲み会なども、犬の世話を考えた生活を強いられるため、飼い主となる前に、自分のプライベートな時間を犠牲にできるかも、考えておかなくてはダメです。

 

犬の飼育を始めようとする初心者は、その他にも、犬に関する知識やしつけの方法など、さまざまに習得するべきこともあります。

 

しかしながら、犬の生涯をどんなことがあっても世話する「覚悟」が決まれば、「どうにかなる」というのが、現在3頭目となる15歳を超えた老犬を飼育している経験から明言できます。

 

犬を初めて飼う初心者に向く犬の特徴は?

 

犬を初めて飼う初心者には、次のような特徴をもつ犬種がオススメです。

 

その特徴には、運動量が少ない、しつけがしやすい、無駄吠えが少ない、抜け毛が少ない、遺伝的な疾患が少なく病気にかかりにくいなどが挙げられます。

 

一般的に、大型犬は小型犬よりも運動量が多く、体格の大きな大型犬はしつけをしっかりしておかないと初心者には扱いにくいと思います。

 

また、あまりにも賢い犬種は、飼い主の指示や行動を先読みしたり、主従関係を構築しずらかったりするため、犬種によっては専門のトレーナーを利用する必要もあります。

 

それに、犬は春と秋に被毛が生え変わる「換毛期」があり、それ以外の時期の抜け毛の量は、犬種によって違いがあるため、抜け毛が少ない犬種の方が初心者にはオススメです。

 

さらに、犬を飼育する初心者の負担を軽減するには、遺伝性疾患のリスクが少ない子犬を選ぶ方が無難で、販売するショップやブリーダーに相談してみましょう。

 

犬を初めて飼育する飼い主に向いている犬種には?

 

犬を初めて飼育する初心者に向いた犬の特徴は前述の通りですが、具体的な犬種としては、次のようなものがあります。

 

飼い主になつきやすく、主従関係を築きやすく、抜け毛が少なく、トリミングの手間がかからない犬種として、プードル、シー・ズー、ビション・フレーゼなどがオススメです。

 

我が家の日本犬系の雑種の中型犬は、しつけはしやすかったのですが、抜け毛が多く、室内飼いをしているため、日頃の清掃に時間がかかり、時々面倒に感じたりしています。

いくらブラッシングしても、無限に抜け毛は生じるため、キリがなく、何処かで折り合いをつけるのも飼い主の判断となります。

 

また、オススメの犬種は大型犬ではなく、成犬となっても女性でもコントロールできるサイズです。

 

犬の飼育を初めて行う初心者には、自分がコントロールできないサイズの大型犬よりも、小型犬や中型犬程度の犬種が良いと思います。

 

仮に、大型犬を初心者が飼いたい場合には、子犬の時期にしっかりしたしつけを行っておくべきで、そのためのトレーニングを手助けしてくれたり、代わりにしつけをしてくれるドッグトレーナーを確保しておくことをオススメします。

まとめ

 

犬を家族に迎える飼い主は、「命を預かる」責任を自覚し、何があっても犬の生涯を面倒見る覚悟を決めましょう。

 

そのためにも、犬の飼育にかかる時間、お金などをシミュレーションし、これまでの自由な時間を犠牲にすることも想定しておきましょう。

 

そのうえで、飼い主の性格や飼育環境などに適した犬種を選ぶようにし、ドッグトレーナーが確保できない初心者であれば、大型犬ではなく小型犬や中型犬の方がおすすめです。

Lenka NovotnáによるPixabayからの画像

Free-PhotosによるPixabayからの画像

雑記
スポンサーリンク
informacaoをフォローする
スポンサーリンク
犬、ポメラニアンの飼い方・しつけ等の情報ブログ

コメント