スポンサーリンク

犬の飼育数を増やす多頭飼いでの注意点は?知っておくべきことは?

雑記

犬好きの人の中には、複数の犬たちに囲まれる暮らしに憧れを抱いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

15歳を超える老犬となった中型犬を飼う私も、かかりつけの動物病院の獣医さんや馴染みのドッグトレーナーさんから、以前には飼育数を増やすことを勧められたことがあります。

 

愛犬が12歳を超える前後に飼育数を多頭にしておくと、飼い主のペットロス対策になるというのが、専門家の方たちのご指摘でした。

 

犬の飼育数を一頭から二頭以上の多頭飼いしたイメージや、飼い主が注意すべき点などを紹介します。

犬の飼育数を複数にした多頭飼いするイメージは?

ペットフード協会が調査した犬や猫の飼育実態調査によれば、猫の飼育頭数が犬の飼育頭数を上回っていますが、犬を飼育する人数は、猫の飼育人数よりも多くなっています。

 

また、あるペットオンライングループの会員を対象とした犬の飼育数を尋ねたアンケートでは、約5人に2人が多頭飼いしているという結果があります。

 

そのうち、犬だけを多頭飼いしているのが約4割、猫のみが約3割、犬と猫を飼育しているのが残りの約2割となっています。

 

とはいえ、犬の飼育数を増やすことに躊躇する飼い主が多いのにも、先住犬との関係性への心配や経済的な不安、世話することへの体力的な不安など、さまざまな理由があるようです。

犬の飼育数を増やす場合に、飼い主が注意すべき点は?

犬好きにとっては、飼育数を増やせば楽しみも倍増されそうですが、飼育するための手間や費用も倍増します。

 

まずは、犬の飼育数が増えても、飼い主としてきちんと管理ができるかどうか、年間にかかる医療費やトリミングの費用などもシミュレーションして経済的な負担に問題がないか、確認しておきましょう。

 

また、先住犬と一緒に暮らすことになる犬についても、犬種や先住犬との体格や大きさを考えないと、超小型犬の先住犬と中型犬以上の犬を同居させると、戯れているだけでも小さな犬には致命傷にもなりかねない危険性もあります。

 

しかも、人間関係にも相性があるように、犬同士にも相性の良し悪しがあるため、先住犬との相性を見極めたり、居住環境などさまざまな点にも配慮が必要です。

 

それに、先住犬とあとで増やす犬の性別についても、組み合わせによっては子犬が生まれることも考えなくてはならず、同性同士の犬でも相性が良い場合もあり、ケースバイケースでの判断も必要です。

犬の飼育数を増やした時に、飼い主が最も気をつけるのは?

犬の飼育数を増やした時に、飼い主が最も気を付けておくのは、犬に対する愛情の注ぎ方です。

 

先住犬からすれば、愛情を独り占めできていた状態に、割り込んできた新参犬をライバル、あるいは邪魔者とみなす可能性も大きいのです。

 

そのため、犬にとって最も重要な「飼い主からの愛情」を、先住犬が後にやってきた新参犬に奪われたと思わせないことが、飼い主の最も重要な責任です。

 

それには、食事や散歩、帰宅時の声掛けなど、すべてに先住犬を優先した対応が、飼い主には求められます。

 

そのうえで、先住犬、新参犬のそれぞれと接する時間を作り、それぞれの犬が安心できるケージやクレートを準備してあげることも必須です。

 

また、しつけもそれぞれの犬ごとに、一対一で行うようにします。

 

これらだけでも、一頭から二頭に飼育数が増えれば、飼い主の手間は倍増することが予想され、複数の犬に囲まれた生活に憧れながらも、良識的な飼い主が躊躇するのも理解できます。

 

とはいえ、知り合いのドッグトレーナーさんは、アメリカンコッカーと芝犬、そして三毛猫を飼っていて、一頭では味わえない充実感と幸福感があるとも聞いています。

 

その姿をみると、犬の飼育数を増やすことで、飼い主に求められる最も重要なことは、先住犬に寂しさを感じさせない世話と対応で、複数の犬たちに多くの愛情をかけた分だけ、数倍の楽しさや幸福感をもたらしているように思えます。

まとめ

 

犬の飼育数を増やして、多くの犬に囲まれて暮らすのは、犬好きにとっては楽しさだけに目が行きがちです。

 

しかし、多頭飼いには、先住犬にさまざまなストレスがかかり、飼い主にとっても飼育にかかる手間も経済的な負担も大きくなります。

 

飼い主に絶対の信頼と安心を求める先住犬の幸せを最大限考慮し、飼い主の幸福感を大きくする飼育環境や飼育状態を確保するのが、飼い主の責任です。

 

そのため、犬の飼育数を増やすには、メリットやデメリットなどをよく考えたうえで、犬と飼い主の両方が幸せに暮らせる判断を下すことが重要です。

 

huoadg5888によるPixabayからの画像

Steve AdcockによるPixabayからの画像

雑記
スポンサーリンク
informacaoをフォローする
スポンサーリンク
犬、ポメラニアンの飼い方・しつけ等の情報ブログ

コメント