スポンサーリンク

犬の飼育に必要な費用は毎月どのくらい?生涯にかかる費用は?

雑記

犬を飼おうと思うと、どれくらいの費用が必要なのでしょうか?

 

犬を飼育するには、飼育環境を整えるための初期費用から、毎日の餌代、病気や怪我になった際の病院での治療費など、さまざまな費用がかかります。

 

犬を飼育するほとんどの人が、「毎月どれくらいの費用がかかるのだろう?」「犬が病気になったら、どれくらい治療費がかかるのだろう?」と考え、不安を抱く人もいるかもしれません。

 

犬を家族に迎え、飼育するのに必要な毎月の費用や、突発的に必要となる病院などの費用、生涯にわたって必要な費用などを紹介します。

犬を飼い始めるために必要な費用には、どんなものがあるの?

犬を飼い始めるには、まず、ペットショップなどでの犬の購入費用が必要です。

 

ペットショップなどでの犬の値段は、犬種や容姿、性別、血統、健康状態などで違い、人気の犬種となれば、かなりの高額の値段となります。

 

人気のあるトイプードル、ミニチュアダックス、チワワといった犬種は、それぞれ20万から30万円、10万から20万円、15万から20万円程度の値段がおおよその目安です。

 

子犬が販売されている値段は、約13万から15万円程度が平均的な金額で、犬種による購入価格はそれぞれに確認しておきましょう。

 

また、犬を飼い始めるには、犬の購入価格に加え、法令で義務付けられている畜犬登録費用や予防接種費用なども必要です。

 

これらに加えて、日々の飼育に必要なグッズなども揃える必要があり、それぞれの費用は、次のようになります。

 

・畜犬登録費用       約3,000円   (自治体などで多少違いがある)

・狂犬病の予防注射     約3,500円 (年に一回の接種)

・混合ワクチンの接種    約16,000円  (生後60日、90日、120日に)

・健康診断料        約3,000円    

・餌皿などのグッズ代    約30,000円   (フードや水のトレイやペットシートなど)

 

これらの費用を考慮すれば、犬の購入価格に約55,500円程度を上乗せした費用が必要となります。

犬の飼育を継続するために必要な毎月の費用は?

犬の飼育を継続するには、日々のドッグフードなどの餌代をはじめ、犬種によってはグルーミングやトリミングも必要となるため、シャンプーやトリミング代などの費用が必要です。

 

我が家で飼っている中型犬の雑種は、シャンプーやトリミングは私が自宅で行っているため、基本的にはドッグフード代とおやつ代程度が毎月かかっている程度なので、約10,000円程度の費用で飼育できています。

 

つまり、飼い主の世話の仕方によっても、犬の飼育にかかる費用は違ってきます。

 

一般的には、毎月の飼育費用は約3万円が目安といわれ、年間で約36万円、小型犬や中型犬の寿命とされる15年から18年では自家用車一台分を維持する程度の金額が、一頭の犬の生涯飼育費用としてイメージできます。

 

各家庭での飼育環境や犬の飼育の方法によっても違いがでるため、あくまで目安の費用ですが、かなりの金額が必要となることを想定しておくことが重要です。

犬の飼育で、年単位で必要となる費用には?

犬の飼育にはフード代やケアの費用が、月単位で必要となるのは前述のとおりです。

 

それに加え、犬の飼育には一年に一度、次のような必要な費用があります。

 

・狂犬病の予防接種    約3,500円 (自治体や地域によって違いあり)

・混合ワクチンの接種   約8,000円 (犬種や個体によって組み合わせに違いあり)

・フィラリアの予防薬   約12,000円  (犬の体重によって与える量に違いあり)

・ノミダニの予防薬    約12,000円  (個体によって必要がない場合も)

・健康診断料       約4,000円 

 

これらの年に一度必要となる医療費用は、愛犬の健康維持のためにも必須といえますが、飼い主にとっては負担が大きなものともいえ、事前に想定して準備しておきます。

 

犬の飼育をするうえで、突発的に必要となる費用

 

犬の飼育をするうえで、日常の餌代やシャンプー、トリミングといった費用はある程度予測できますが、突発的な病気や怪我で動物病院で受ける診療や治療費は、意外と高額です。

 

15歳を超える我が家の老犬も、12歳までは年に一度の健康診断と予防接種で動物病院にかかる程度でしたが、12歳を超えると3ヶ月に一度程度の割合で病院に通っています。

 

一度の通院では、数千円から1万円程度の費用がかかり、回数が増えるとそれなりの金額を負担しなければなりません。

 

そのため、飼育を始める際に、ペット保険の加入も考えておけば良かったとも思っていて、毎月の飼育費用に保険の掛金を負担できるようであれば、加入することをオススメします。

まとめ

 

ペットを飼育するには、ペットショップなどで購入する犬の費用のほかに、登録費用や予防接種注射などの費用に加え、日々の飼育に必要な費用、そして病気や怪我の治療費など、多額の費用が必要です。

 

犬を適切に飼育するためには、ひと月あたり3万円程度を目安として年間約36万円前後の費用を見積もっておきます。

 

つまり、犬の生涯を面倒みるためには、自動車一台を購入して維持する程度の金額が必要となるイメージといえます。

 

飼い始めて犬を不幸にしないためにも、犬を飼う前に必要な費用を考えておくことが重要です。

Free-PhotosによるPixabayからの画像

PexelsによるPixabayからの画像

雑記
スポンサーリンク
informacaoをフォローする
スポンサーリンク
犬、ポメラニアンの飼い方・しつけ等の情報ブログ

コメント