犬の飼い方の基本には、何をすればよいの?飼い主の心構えは?

犬の飼い主には、犬の命を一生面倒見る覚悟が求められ、さまざまな準備と心構えが必要ですが、日常生活での基本的な飼い方に、それほどの難しさはありません。

 

その一方で、犬を飼ったことがない人にとっては、犬の飼い方が分からず、不安に思い判断に迷う人も多いと思います。

 

現在15才になる雑種の中型犬と暮らしている個人的な経験からは、さまざまな負担よりも多くの楽しさや癒しを愛犬から得られ、さらには得難い関係が築かれているように感じます。

 

犬の飼い方の基本に必要な心構えや、日々の生活で何をすればよいのか?などを紹介します。

基本的な犬の飼い方をするための準備や心構えには?

可愛い犬を家族に迎えるのは、犬種によっても違う犬の寿命を丸ごと面倒をみることを意味するため、基本的な食事や散歩から、排泄の処理、しつけ、病気の予防や介護まで、すべてが飼い主の責任となります。

 

子犬から成長し、老化していく犬との暮らしを、5年先、あるいは10年先と家族の生活状況も合わせて想像しながら、飼育に必要な資金や飼育環境など、犬を飼う前に検討することが重要です。

 

犬を飼う覚悟ができたら、基本的な犬の飼い方をするために必要なお金を用意し、飼育環境に必要なケージやドッグフード、トイレシートなどを準備します。

 

これまでに数頭の犬を飼った経験から、近所にある動物病院の評判を調べておくことをオススメします。

 

犬を飼う知り合いや近所で犬を飼う人が散歩する公園などで話を聞いたり、ネットで口コミを調べておくと、かかりつけ医の選定にも役立ちます。

 

動物病院は、犬を飼い始めると必要な健康診断や予防接種などでお世話になる機会が多いため、情報を得ておくと何かと便利です。

 

特に、初めて犬を飼い始める人にとっては、初日からの突発的なトラブルの備えにもなります。

犬の飼い方の基本には、どんなことがあるの?

犬を飼うと、毎日の餌や水の世話や散歩、トイレをはじめとしたしつけなどがあり、そのほかにも、子犬の頃に必要なワクチン接種や、成犬となってからの予防接種、健康診断、役所などへの登録、突発的な病気の治療や介護など、飼い主はいろいろと手間がかかります。

 

犬の成長段階に応じて、飼い主がしなければならないことに違いはあるものの、毎日の生活でかかる手間は、それほど大変ではありません。

 

犬の飼い方の基本となるエサのあげ方は、ドッグフードを朝夕の1日2回パッケージに規定されている量をあげれば大丈夫で、お昼にエサをあげなくてもOKです。

 

水に関しても、専用の食器に1日に飲む量以上の水を新鮮な状態にしておけば大丈夫で、飲んだ量を通常は気にする必要はありません。

 

また、散歩に関しては、大型犬の場合には1日に朝晩の二回連れていく必要がありますが、小型犬や超小型犬の場合には、1日一回連れて行くようにすれば大丈夫でしょう。

 

ただ、室内だけでずっと飼い続ける状況は、犬にとって運動不足やストレスが溜まり、体調不良の原因にもなるため、オススメできません。

 

そして、室内飼いする場合には、トイレのしつけも重要ですが、子犬の頃から飼い始めた場合には、トイレシートなどのグッズを利用しながら、徐々にトレーニングを繰り返すことで覚えさせることができ、成犬となってからも、しつけは可能です。

犬のしつけは難しくない?!できなかったら、どうする?

ペットとして可愛らしい子犬を飼い始めてみたものの、基本的な犬の飼い方に必要なエサや散歩などの世話はできても、しつけができなかったらと不安を抱く人もいるでしょう。

 

我が家の15才になる雑種の体重11キロの中型犬も、生後3か月のわずか3キロほどの体重でやって来て、その可愛らしさから、つい甘やかしているうちに、しつけが疎かになりました。

 

夜泣きや無駄吠えの強烈な問題行動とはなりませんでしたが、それには、かかりつけの動物病院の獣医さんから紹介してもらったドッグトレーナーさんとの出会いがあります。

 

犬を初めて飼う人は、家族に迎え入れた犬に必要な世話をしながら愛情をかけていれば、しつけに失敗しそうだと思えば、プロのドッグトレーナーさんや獣医さんといった専門家を見つけておき、早めに相談するのがオススメです。

 

犬のしつけのコツを教えてもらえれば、愛犬の成長段階に合わせて徐々にトレーニングを気長に繰り返せば、それほど難しくないのです。

まとめ

 

犬を飼い始める飼い主は、どんなことがあっても亡くなるまで、犬の一生の面倒をみる覚悟を決め、そのために必要なお金や、数年先の家族と犬との生活を想定した準備をしておくことが重要です。

 

そのうえで、犬との暮らしを始めれば、基本的な犬の飼い方には、犬の体調に問題がなければ、朝夕の餌やりと水やり、そして、散歩をしっかり行うことができれば、基本的な飼い方はでき、それほど難しいものではありません。

 

ただ、室内飼いする犬などでは、さまざまなしつけを必要とする場面も多く、どうやってしつけを行って良いか?分からない場合には、かかりつけの動物病院の獣医さんやドッグトレーナーなどの専門家に相談してみるのがオススメです。

 

犬は群れの中で暮らす習性のある賢い動物ですので、飼い主が主導権を握り、適切に接すれば、これまで飼ったことがない人でも安心してペットとして飼えます。

Helena SushitskayaによるPixabayからの画像

PexelsによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました