スポンサーリンク

ポメラニアンのカットの頻度はどのくらいが良いの?注意する点は?

ポメラニアン
ポメラニアンの体のカット(全身そろえる)

フワフワの被毛に覆われたポメラニアンを、飼い主の好みでさまざまなカットスタイルに仕上げられた犬を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

ポメラニアンは、カットの仕方で雰囲気もイメージもガラリと変わります。

 

私も日頃、雑種の中型犬を散歩させていて出会うポメラニアンが、「たぬきカット」や「柴犬カット」など、飼い主の好みで変えられた姿をみたことがあります。

 

とはいえ、犬は季節の変わり目などに被毛が自然に抜け変わる特徴があり、人為的にカットすることで影響がないのか?不安を感じる飼い主もいるかもしれません。

 

ポメラニアンにとって、カットの必要性があるのか?カットする頻度は?カットする際に注意すべき点などについて紹介します。

犬のお手入れには?ポメラニアンはカットが必要な犬種なの?

人が身だしなみや健康のために洗顔や入浴などを行うのと同様に、犬も健康な生活を送るために、適切な頻度で行うべきお手入れがあります。

 

犬のお手入れには、身だしなみというよりも、健康を維持するためにブラッシングやシャンプー、ドライ、耳や目の掃除、爪切りなどを行います。

 

これらの犬が健康的に過ごすためのお手入れは、グルーミングと呼ばれています。

 

また、基本的なお手入れとなるグルーミングにカットが必要な犬種は、トリミング犬と呼ばれ、犬はグルーミング犬とトリミング犬に分類されます。

 

トリミング犬には、ヨークシャーテリアやプードルなどが挙げられ、ポメラニアンは、必ずしもカットを必要としないグルーミング犬に分類されます。

 

さまざまなカットスタイルに仕上げられるポメラニアンのカットは、犬が健康に暮らすために必須ではないものの、飼い主の好みに合わせて最適なカットできれば、飼い主とポメラニアン自身の喜びと共に、良好なコミュニケーションにもつながります。

ポメラニアンのカットは、どのくらいの頻度が良いの?

ポメラニアンをカットする頻度は、1〜2ヶ月に一回くらいが目安といわれています。

 

ポメラニアンは、太くて硬い毛の「オーバーコート」と細くて柔らかな毛の「アンダーコート」の二層の被毛で覆われているため、極端に短くカットするとハゲる確率が高いため、注意が必要です。

 

ポメラニアンをはじめ、オーバーコートとアンダーコートのダブルコートの被毛を持つ犬種には、肛門周りや地面に触れる毛を衛生のためにカットしたり、暑さ対策でお腹周囲の毛をカットする以外で、根元までカットするのは厳禁です。

 

これは、オーバーコートとアンダーコートの抜け変わりの周期が違うことや、それぞれの毛の役割の違いがあり、毛の伸びる速さや生える時期に違いがあるためです。

 

特に、子犬の頃のカットは、ワクチン接種が終了して少なくとも二週間からひと月を迎えるまでは、免疫力や体力が上がっていないため、感染症の危険があり避けるべきです。

 

また、シニア犬となったポメラニアンには、本来必要のないカットで体力を消耗させず、ゆっくり過ごさせてあげる配慮が必要です。

 

グルーミング犬ではないポメラニアンの被毛のお手入れには、毎日のブラッシングが重要です。

 

ポメラニアンの被毛の二層構造と毛の質の影響もあり、ブラッシングをサボっていると、毛玉になりやすいため、抜け毛が被毛の中に溜まって皮膚病などを引き起こす可能性が高くなります。

 

特に、ポメラニアンの被毛が抜け変わる春と秋は、毎日のブラッシングを念入りに行ってあげましょう。

ポメラニアンのカットには、どんな種類があるの?

ポメラニアンのカットには、被毛の特性などを理解したうえで、愛犬の負担にならない範囲で、信用できるトリマーにお願いするのがオススメです。

 

ポメラニアンのトリミング料金は、お店によって異なりますが、概ね5,000円から6,000円程度が相場のようで、トリミングコンテストなどでの受賞歴をもつトリマーであれば、料金は高くなるようで、料金よりもトリマーとの信頼関係ができるかどうかで判断した方が良いでしょう。

 

そんなポメラニアンのカットには、「柴犬カット」「ライオンカット」「たぬきカット」「サマーカット」「チャウチャウカット」「テディベアカット」「桃尻カット」といったスタイルがあります。

 

それぞれのカットスタイルには、それぞれの可愛らしさがあり、飼い主の好みや愛犬の顔つきなどを考慮して似合うカットを、トリマーさんに相談しながら決めましょう。

 

近所にいるポメラニアンは、夏場には全身の毛を短くした「サマーカット」のスタイルをしていて、暑い時期に犬も多少は涼しさを感じているように感じられます。

 

飼い主さんによれば、短くカットする際には、担当してくれるトリマーさんとハサミを使うなどの相談をするそうで、カットする長さには神経を使われているようでした。

まとめ

 

犬には、健康的な生活を送るために、ブラッシングやシャンプー、耳や目の掃除などの基本的なお手入れのみで十分な犬種のグルーミング犬と、これらにカットが必要なトリミング犬の2種類があります。

 

ポメラニアンは、グルーミング犬に分類され、日頃のブラッシングが重要です。

 

本来は、カットを必要としないポメラニアンですが、長い被毛を利用して、飼い主の好みや季節を配慮したカットスタイルは、愛犬の可愛らしさを引き出します。

 

その一方、ポメラニアンの被毛の特徴や性質を知らずにカットするのは、愛犬への悪影響となるため、専門のトリマーさんなどと相談しながら行いましょう。

 

karentappendenによるPixabayからの画像

Heike GeorgによるPixabayからの画像

コメント