スポンサーリンク

毛が抜けない犬種がいるって本当⁉どんな犬種なのか徹底解析!

雑記

犬を飼いたいけど毛が抜けるのが心配で飼えないという人は多いのではないでしょうか?

 

実は、犬の中には毛が抜けない犬種がいるんです!

 

全く抜けないというわけではないですが、普通に一緒に生活している分には全然抜けません。

あんなに毛があるのに抜けないなんて信じられないですよね!

 

そこで今回は、毛が抜けない犬種について紹介していきます。

シングルコートの犬は毛が抜けにくい!

犬の毛は『シングルコート』と『ダブルコート』に分かれていますが、『シングルコート』の犬は換毛期がないため毛が抜けにくい犬種となっています。

 

そんな『シングルコート』の犬種の中でも、最も毛が抜けにくい犬種を紹介します。

 

 

プードル

毛が抜けない犬種で圧倒的に選ばれるのがプードルです!

プードルは毛が巻き毛になっているため、毛が抜けたとしても落ちにくくなっています。

 

プードルは、『スタンダード』、『ミディアム』、『ミニチュア』、『トイ』の4つの大きさに分かれていますが、どのプードルも同じ毛質なので毛が抜けにくいです。

 

私もプードルを飼っているのですが、とにかく毛が抜けません!

ブラッシングのときには少し抜けますが、床に散らばるほどではありません。

 

飼い始めたころは、毛が抜けないから心配になりました…

それくらい本当に毛が抜けない犬種です!

 

プードルは飼いやすい犬としても人気なので、毛が抜けないのが人気の1つなのかもしれませんね。

 

 

ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアはつやのある美しい毛で、きちんとブラッシングをしていれば床に毛が落ちるということがありません。

 

ただ、毛につやがある分ため脂分が多いので、しっかりとシャンプーをする必要があります。

 

 

ミニチュア・ピンシャー

ミニチュア・ピンシャーは毛がとても短く抜けにくくなっています

しかも毛が伸び続ける犬種ではないので、カットは必要ありません。

 

短毛のため毛が抜けても気づかないということがあります。

 

 

以上が『シングルコート』の犬種の中で、毛が最も抜けにくい犬種となっています。

 

『シングルコート』の犬種は毛が抜けにくいですが、毛が伸び続ける犬種が多いので月に1回ほどトリミングに行く必要があります。

 

ですが、お家で毛が落ちていたりすることが少ないので、お掃除で悩んだりしませんよ!

ダブルコートでも毛が抜けにくい犬種がいる⁉

ダブルコート』の犬は『シングルコート』の犬と違い、換毛期に毛がたくさん抜けてしまいます。

 

そのため『ダブルコート』の犬は毛が抜けるイメージがありますが、『ダブルコート』の犬でもカットが必要ですが、毛が抜けにくい犬種もいます。

 

その中でも最も抜けにくい犬種を紹介します。

 

 

シュナウザー

毛がかたいのに抜けにくい犬種となっています。

しかも換毛期がありません!

 

シュナウザーは『ジャイアント』、『スタンダード』、『ミニチュア』の3つの大きさに分かれていますが、どのシュナウザーも同じ毛質なので毛が抜けにくくなっています。

 

ただし、定期的にシャンプーをしないと皮膚炎になり、毛が抜けやすくなってしまう可能性があるので注意してください。

 

 

ビションフリーゼ

毛が多いのに抜けにくい犬種です!

プードル同様巻き毛になっていて、毛が抜けても落ちにくくなっています。

 

毛が多いので日々のブラッシングが必要になります。

 

 

シーズー

毛が長くて多いのに抜け毛が少ない犬種です!

成長期に一時的に毛が抜けますが、成長期が過ぎれば抜けにくくなります。

 

細くやわらかい毛質のため毛玉になりやすいです。

 

 

以上が『ダブルコート』の犬種の中でも毛が最も抜けにくい犬種となっています。

 

毛が抜けにくい犬種でも換毛期では多少毛が抜けてしまいますが、普段は毛が抜けにくくなっています。

なぜ犬種によって毛が抜けにくいのか?

そもそもなぜ毛が抜けにくい犬種がいるのでしょうか?

 

その疑問は先ほどから紹介している『シングルコート』と『ダブルコート』に隠されています。

 

シングルコート』と『ダブルコート』について詳しく説明していきます。

 

 

まず先に『ダブルコート』から説明していきます。

ダブルコート』とは、上毛の『オーバーコート』と下毛の『アンダーコート』の2層になっている毛のことです。

 

『オーバーコート』の毛は硬くしっかりとしていて、皮膚を保護する役割があります。

 

『アンダーコート』の毛はやわらかくてふわふわしていて、保温の役割があります。

 

換毛期になると『アンダーコート』の毛は体温調節のために毛が生え変わるため、たくさん抜けてしまうのです。

 

換毛期は春・秋と1年に2回あります。

 

そのため『ダブルコート』の犬種は毛が伸びないけれど、換毛期に毛が抜けてしまいます。

 

 

シングルコート』は、毛が『オーバーコート』のみとなっているので換毛期がありません。

 

そのため、1年を通して毛が伸び続けてしまいカットが必要にはなりますが、毛が抜けにくくなっています。

 

ただ、保温の役割をしている『アンダーコート』の毛がないので、寒さに弱いです。

 

 

『シングルコート』の犬種は換毛期がないため、『ダブルコート』の犬種より毛が抜けにくくなっています。

 

 

 

まとめ

 

今回紹介した毛が抜けない犬種についてまとめると

 

1.『シングルコート』の犬種で毛が抜けにくい犬種は【プードル】、【ヨークシャーテリア】、【ミニチュア・ピンシャー】である

 

2.『ダブルコート』の犬種で毛が抜けにくい犬種は【シュナウザー】、【ビションフリーゼ】、【シーズー】である

 

3.『シングルコート』の犬種は換毛期がないため『ダブルコート』の犬種よりも毛が抜けにくい

 

となっています。

 

 

今回紹介した犬種は毛が全く抜けないわけではありません。

ですが、犬を飼いたいけど毛が抜けるのが心配な人には安心して飼うことができます!

 

犬を飼ってみたいという人は今回紹介した犬種を飼ってみてはいかがですか?

雑記
スポンサーリンク
informacaoをフォローする
スポンサーリンク
犬、ポメラニアンの飼い方・しつけ等の情報ブログ

コメント