犬の飼い方には室内飼い?外飼い?どちらが良いの?

昭和に小学生時代を過ごした私は、登下校の途中で、犬を飼う家の前を通ると吠えられたり、人懐っこく尻尾を振る犬がいました。

 

最近では、犬を飼う一戸建てのお宅の前を通っても、玄関先に犬がいることを示すシールで確認できてもその姿を見ることはなく、家の中から鳴き声が聞こえるのが大半ではないでしょうか?

 

犬の飼い方が、外飼いから室内飼いへと変化してきた理由や、どちらの飼い方が良いのか?などについて紹介します。

犬の飼い方が、外飼いから室内飼いへと変わったのは?

昭和の戸建て住宅には、二世帯あるいは三世帯が同居する家族構成が多く、犬の飼い方も今とは違い、番犬として外飼いする家が多くありました。

 

私が子供時代を過ごした昭和40年代から50年代の実家でも、外飼いした犬が、自宅への来訪者があるたびに吠えて知らせてくれる番犬の役割を担っていました。

 

次第に、核家族化が進行し、集合住宅が増え、区画整備された都市部の街づくりでは、犬は番犬からペットとして、家族の一員として子供の情操教育の一環として飼われるようになります。

 

つまり、犬の飼い方が、外飼いから室内飼いへと変わってきたのは、日本の住宅事情や家族構成の変化、そして、それら人間の生活環境と犬に対する考え方の変化の両方が影響しています。

 

 

犬の飼い方で良いのは、外飼い?室内飼い?

 

犬の飼い方で良いのは、外飼い?室内飼い?のいずれが良いのでしょうか?

 

少し昔の日本で番犬の役割を担わされて外飼いされていた犬も、現在では、その役割を防犯カメラやホームセキュリティーが代わりに果たしてくれています。

 

もともと群れの中で暮らす犬にとっては、飼い主家族と一緒にいるのが、最も自然な状態です。

 

その点からすれば、少し昔の日本で番犬として外飼いされているより、最近多くみられる室内飼いの方が、犬にとっては良いと思われます。

 

外飼いされる犬には、昼も夜も不審な物音がする度に緊張が強いられ、寂しさや不安、退屈などを感じることも容易に想像できます。

 

一方、室内飼いの犬は家族と接する時間も多く、世話をする飼い主とのコミュニケーションがとりやすいため、しつけもしやすく、体調の変化にも気づきやすくなるなど、多くのメリットがあります。

 

我が家で現在飼っている愛犬も、先代犬たちとは違い、室内飼いしているため、犬との関係が近くなり、15才を超えた最近では、ちょっとした体調の変化にも気づきやすいと思っています。

外飼い、室内飼いのいずれにも共通する犬の飼い方は?

外飼い、室内飼いのいずれの犬の飼い方でも、散歩、食事、愛犬とのふれあいの三つは、共通して必要です。

 

犬にとって、ずっと同じ空間にじっとしているのはストレスがかかり、運動不足の解消も兼ねた散歩は、毎日欠かせません。

 

犬は飼い主との散歩中に、犬本来の習性を満たす周囲の状況にワクワクしているのかもしれず、リフレッシュの効果があり、無駄吠えなどを防ぐ効果にもなります。

 

また、人間と同じように体温を一定に保つ恒温動物の犬にとって、冬場の寒い時期には体温維持のために夏場よりも多くのエネルギーを必要とするため、冬場の食事には良質なタンパク質を含む食事を与えるなどの配慮が必要です。

 

特に、外飼いされている犬には、室内飼いされる犬よりも消費カロリーが多いため、冬場に食事の量を増やしてあげると良いでしょう。

 

そして、群れの中で暮らす習性をもつ犬ですから、飼い主とのコミュニケーションが重要です。

 

飼い主家族と一緒の空間に暮らす室内飼いの犬では、何かしらの要求をする仕草や鳴き声を上げる行動に飼い主も気付きやすいですが、外飼いでは変化に気づきにくく、注意が必要です。

室内飼いする犬の飼い方での注意点は?

室内飼いする犬の飼い方では、犬のストレスを軽減してあげようと放し飼いにする人も多いのではないでしょうか?

 

ところが、室内飼いされる犬にとって、室内で放し飼いにされる方が、自分のテリトリーを認識できずに、ストレスを感じるともいわれます。

 

そのため、室内飼いの犬の居場所となるケージやハウスを設置し、犬が安心して過ごす場所を作ってあげることが大切です。

 

犬を室内飼いする場合には、犬の足腰の負担を軽減するために、床がフローリングの場合には、絨毯やカーペットを敷いて滑らないようにします。

 

また、犬の誤飲や甘噛みの可能性がある電化製品のコードやコンセント、小物など、犬が届かないようにしておきます。

 

そして、犬の成長段階によって、甘噛みする家具や柱などには、市販されている甘噛み防止スプレーなどを利用して、しつけを行いましょう。

 

犬を飼うスペースとする室内は、犬目線で室温や環境を整えてあげると同時に、必要なしつけをするのも飼い主の責任です。

まとめ

 

群れの中で暮らしていた犬の飼い方には、外飼いよりも室内飼いの方が、犬にとっても自然です。

 

室内飼いでは、ケージやハウスを設置して犬の居場所をつくり、滑りやすいフローリングには絨毯やカーペットなどを敷いてあげるなど、犬にとって快適な環境を整えてあげるのが重要です。

 

そして、日々の散歩や食事に気を配り、愛犬とのコミュニケーションをはかるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました