犬が甘噛みするワケは?飼い主がすべき対応やしつけの方法は?

無邪気にジャレつき、手や指を甘噛みする子犬の姿に目を細めた愛犬家も多いのではないでしょうか?

 

しかし、子犬の頃の甘噛みが次第にエスカレートすると、噛まれた方が怪我をするほど強く噛んだり、成犬となっても続くと人や他の犬に怪我をさせてしまう危険も孕んでいます。

 

我が家でも、子犬の頃の甘噛みを許したため、成犬となる時期に人に対する甘噛みをやめさせるしつけをやり直した経験があります。

 

犬が甘噛みする理由や、犬が甘噛みした際に飼い主がとるべき対応やしつけなどについて紹介します。

 

 

犬の甘噛みとは?甘噛みするワケは?

 

犬の甘噛みは、犬が加減して噛む行為で、生後一年に満たない子犬のほとんどでみられます。

 

兄弟犬同士のじゃれあいで「甘噛み」を通じて、犬同士の意思疎通の方法や力加減など、さまざまなことを学ぶ成長段階の一つとなっています。

 

一般的に犬の視力は弱いため、優れた嗅覚と口でモノを舐めたり、噛んだりして、さまざまな情報を得て判断をします。

 

甘噛みも、その犬の本能的な判断方法のひとつとしての意味と、犬同士の愛情表現となったり、母親への意思や要求などを示すなど、さまざまな意味があります。

 

そんな子犬の甘噛みは、世話をしてくれる飼い主の手や指にもじゃれついた際にも、同様に行われ、飼い主にとっては、子犬の可愛らしさにも感じられます。

 

それに、乳歯から永久歯へと生え変わる生後5ヶ月頃には、歯茎のムズムズした違和感を解消しようと甘噛みします。

 

これらの甘噛みは、生後一年くらいまでの子犬の時期には、犬の成長段階に必要な行動や行為となりますが、成犬となっても人に対してする甘噛みが問題です。

 

成犬となっても、人に対して甘噛みするのは、子犬が甘噛みをし始めた時、飼い主がきちんと叱り、やめさせなかったかのが、原因と考えられます。

 

または、叱りはしたもののその叱り方が犬に伝わらず、甘噛みをしたら飼い主が騒いで喜んでくれたと勘違いさせてしまったためと思われます。

 

 

犬が甘噛みしてきた時に、飼い主がすべき対応は?

 

犬にとって、甘噛みは生後一年程度の子犬の成長段階には不可欠な行為ですが、人に対して行われるのが問題です。

 

成犬になった時まで、人に対して甘噛みしないようにするには、子犬の頃から甘噛みし始めたら、飼い主は低い声で冷静に「ダメ!」といった短い言葉で表現します。

 

犬に指示する言葉は、家族で統一して、犬の戸惑いを生じさせないようにするのもポイントです。

 

飼い主が大きな声を出したり、騒いだりすると、犬は甘噛みすると喜んでもらえると勘違いするので、やってはいけません。

 

犬の状況によっては、飼い主は甘噛みする犬に対して、無視するのも効果的です。

 

いずれも、甘噛みしてきた犬に対して、飼い主はその行為がよくないことであると教えるため、毅然とした態度でかまってあげないことが重要です。

 

子犬が可愛らしく甘噛みする姿を拒絶するのは、飼い主にとっては難しいのですが、人に対する甘噛みを成犬になっても続けさせないためには、子犬と飼い主との距離感を適切にしておくことも大切です。

 

 

犬の甘噛みをなおすしつけの方法は?

 

歯のムズムズ感で何かを噛もうとする子犬の噛む行為すべてを禁じると、子犬もストレスを溜め込んでしまいます。

 

犬の噛む行為は、犬の本能を満たし、ストレス解消にもなるため、甘噛み自体をやめさせるのではなく、噛んでも良いおもちゃなどに置き換えてあげましょう。

 

犬がおもちゃにして良いモノと悪いモノは区別できないため、人間の都合ではなく、犬目線で明らかに噛んでも良いと判断できる、犬用のコングやロープなど適切なおもちゃを与えるようにしましょう。

 

甘噛みされて、うまく叱れない時には、無視するだけでもしつけの効果が得られます。

 

また、甘噛みされた時には、犬の犬歯や鋭利な乳歯に引っかかると切れます。

 

我が家の犬が子犬の時、反射的に手を引っ込めて、手の甲や指を鋭い乳歯で切ったことが何度もあり、危ないので素早く手を動かしてはいけません。

 

しかも、犬からすれば、素早く引っ込められる手は興味の対象となり、遊んでもらえていると勘違いするため、噛まれた後にゆっくりおもちゃなどに気を向けさせて、手を口から外しましょう。

 

犬の甘噛みのしつけ直しには、飼い主が犬の噛む行動を理解して、それまで噛むと得られていた犬のメリットを排除し、噛んでもメリットがないと教える覚悟が問われます。

 

そして、飼い主だけで対応に無理を感じれば、ドッグトレーナーなど知識を持つ人のサポートを受けるのも効果的です。

まとめ

 

犬の行動には、犬なりのさまざまな理由があるため、飼い主は犬の思考や特徴を理解した対応が大切です。

 

甘噛みにも、子犬の頃には人や犬同士とのコミュニケーションや、歯の抜け変わりに伴うむず痒さの解消など成長過程で必要な行動です。

 

とはいえ、成犬となっても、甘噛みを人に対してするのがよくないと教えるのは、飼い主の責任です。

 

もし、成犬になっても甘噛みや噛み癖が続き、噛んでも良い犬用のおもちゃを利用しても良くならない場合には、ドッグトレーナーや獣医師など専門家への早めの相談も効果的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました