スポンサーリンク

犬服には役割がある!

雑記

最近、服を着せて散歩しているワンちゃんをよく見かけますね。

 

犬服はおしゃれのためだから必要ないって思う人もいるかもしれません。

 

しかし、犬服は愛犬をおしゃれにするだけではありません。

犬服にはきちんと役割があるんです。

 

今回は犬服の役割についてご紹介していきます。

寒さから守ってくれる

犬って毛があるから、寒くなさそうに見えますよね。

実はワンちゃんは寒がりな子が多いんです。

 

犬種によって寒さに強い子もいますが、小型犬は寒さに弱い子が多いんです。

特に老犬は体温調節が難しくなっています。

 

そんな寒さから守ってくれるのが犬服です。

 

犬服は防寒のものがあり、セーターやコートと様々な種類があってワンちゃんたちを暖かくしてくれます。

 

犬は寒さによって風を引いてしまう可能性もあります。

もし寒い日に愛犬が震えていたら、犬服を着せてあげれば暖まるかもしれませんので、試してみてはいかがですか?

熱中症対策にも

ワンちゃんたちは寒さだけではなく、暑さにも弱いんです。

 

暑さに強いワンちゃんもほとんどのワンちゃんが暑さに弱いため、熱中症になってしまいます。

 

そんな熱中症対策になるのが犬服です。

 

夏に犬服を着せたら、余計に暑くなりそうだと思うかもしれませんが、夏用の犬服もあるんです。

 

UVカットの服やひんやりと感じる素材でできた服など、ワンちゃんを涼しくしてあげられる犬服がたくさんあるんです。

 

我が家の愛犬も暑い時期は散歩に行っても歩いてくれないのですが、夏用の犬服を着せてあげたら歩いてくれるようになりました。

 

ちなみに服以外にも保冷剤を入れることができるバンダナや肉球がやけどしないように靴などもあります。

 

 

ワンちゃんたちは熱中症になると命の危険性もあるので、犬服などで熱中症対策をきちんとしましょう。

けがや病気を未然に防ぐ

犬服は、ワンちゃんのけがや病気を防いでくれることもできます。

 

犬のお散歩は、蚊やノミ、ダニに刺されたり、木の枝に引っかかってけがをしてしまったりと危険がいっぱいです。

 

そんなとき犬服を着ていれば、100%ではありませんが未然に防ぐことが出来るんです。

 

また花粉症のワンちゃんに服を着せて散歩に行くと、家に入る前に服を脱がすことによって、花粉を家に入れるのを防ぐことができます。

 

 

ほかにも『術後服』といって、ワンちゃんが手術をした後に傷口を舐めたり、傷つけたりしないように服を着せる場合もあります。

 

 

このように犬服を着せるようにけがや病気を未然に防ぐこともできます。

抜け毛防止に

犬を飼ったことがある人はわかるかと思いますが、犬の毛ってめちゃめちゃ抜けるんです。

特に換毛期はものすごい量の毛が抜けます。

 

いくら掃除をしても服やカーペットなどが毛だらけになってしまいます。

 

そんなときに犬服を着せてあげれば、抜け毛の予防になります。

 

また愛犬と一緒に公共施設を利用する際に周りの配慮のため、犬服を着せる飼い主さんも多いみたいです。

雨の日の散歩のため

ワンちゃんにもよりますが、犬の散歩は雨の日でも行かなくては行けません。

 

しかし雨の日に散歩に行くとワンちゃんの体が濡れて寒くて風を引いてしまうかもしれません。

 

犬服にはレインコートもあります。

 

レインコートを着せて散歩に行けば、ワンちゃんの体がびしょびしょに濡れるのを防いでくれます。

 

雨の日に散歩に行った後は体を洗ったり、乾かしてあげたりと大変だと思いますが、レインコートがあれば、帰ってからのお手入れが楽になりますよ。

まとめ

犬服の役割についてご紹介しましたが、今回のことをまとめると

 

 

  1. 寒さから守るために防寒用の犬服を着せて暖めてあげる
  2. 涼しくできる犬服で熱中症対策をする
  3. けがや病気を未然に防ぐために犬服を着せる場合もある
  4. 家の中や周りへの配慮のため抜け毛防止に犬服を着せる
  5. 雨の日の散歩ではレインコートを着せて濡れないようにする

 

以上が犬服の役割となっています。

 

 

犬服をおしゃれのために着せてあげてると思う人も多いかもしれませんが、犬服には犬を守るためにたくさんの役割があるんです。

 

もちろん愛犬とおしゃれを楽しみたいから着せている人もいるかもしれませんが、それは間違いではありません。

ワンちゃんを大事に思っている証です。

 

 

まだ犬を飼ったことない人やこれから犬を飼おうと思っている人は参考にしてみてはいかがですか?

 

 

ワンちゃんによっては犬服を着せることでストレスを感じてしまう子もいるので、無理に着せないようにしてあげてください。

雑記
スポンサーリンク
informacaoをフォローする
スポンサーリンク
大好きな犬のここが気になるお役立ちブログ

コメント