ポメラニアンの丸いイメージを活かしたカットは?カットの種類には?

ポメラニアンといえば、小さな体を覆う綿毛のようなフワフワの被毛が可愛さとなっていて、丸いシルエットがイメージできます。

 

柴犬のような硬めの短毛の犬種にはない柔らかなイメージのポメラニアンの被毛は、多くの飼い主が、好みに合わせてカットやトリミングする楽しんでいるようです。

 

我が家の近所に飼われているポメラニアンも、季節や時期にあわせて、さまざまなカットが施されています。

 

ポメラニアンがもつ丸いイメージを活かしながら、可愛らしく見えるカットなどを紹介します。

 

ポメラニアンの被毛にカットやトリミングは必要なの?

 

ポメラニアンの丸いカワイイ姿を生み出している被毛には、そもそもカットやトリミングなどは必要なのでしょうか?

 

ポメラニアンの被毛は一定の長さまでしか伸びず、本来はカットやトリミングの必要はありません。

 

ポメラニアンには、硬くて太い上毛のオーバーコートと綿毛のような下毛のアンダーコートと呼ばれる二つの種類の毛があり、カットするなら月に一回程度が目安となります。

 

また、二種類の毛に覆われているため抜け毛が多く、毛玉になりやすいため、毎日のブラッシングは必要です。

 

ポメラニアンの丸いイメージを活かしたカットには?

 

ポメラニアンの丸いイメージを活かしたカットには、「たぬきカット」や「柴犬カット」、「サマーカット」などがあります。

 

「たぬきカット」は、マズルが小さなたぬき顔のポメラニアンを、首回りの毛を多めに残し、頭全体を丸いイメージに強調させたカットです。

「柴犬カット」は、たぬきカットのように頭全体を強調させず、耳と顔をコンパクトに丸く見えるように強調させるカットです。

 

「サマーカット」は、たぬきカットと柴犬カットでポメラニアンを丸いイメージを強調させながらも、お尻周りや胸回りなどを短くしたカットで、あまり短くカットするのは被毛への悪影響もあり、トリマーさんと相談しましょう。

 

こうしたカットを専門のトリマーさんに依頼する場合、飼い主がイメージする仕上がりをお願いするトリマーさんと一致させるのが大切です。

 

そのために、飼い主が想定するイメージを画像で伝えたり、愛犬の体の部位ごとをどれくらいカットして欲しいとか、どれくらいの長さにして欲しいとか、明確に伝えましょう。

 

ポメラニアンの被毛を自宅でカットできるの?

 

ポメラニアンの被毛を自宅でカットするには、カットばさみとスキばさみの二種類のハサミ、コーム、スリッカーブラシを準備します。

 

はさみの先は必ず丸いトリミング用のものを準備しておきます。

 

道具を準備したら、まずは毛玉や抜け毛をスリッカーブラシで取り除き、コームで被毛をたたせながら、少しずつハサミでカットしていきます。

 

トリマーさんがやっているカットを見よう見まねでやることになりますが、くれぐれも切りすぎには注意が必要で、最初は伸びた分だけ切るようなイメージでカットしましょう。

 

特に、耳の周りやお尻まわり、足のカットなど、衛生的な面や怪我の予防のためのカットを心がけ、丸いシルエットに仕上げるようなカットは、トリマーさんにお願いした方が無難です。

 

ポメラニアンの被毛をカットする際に、注意すべきは?

 

ポメラニアンの被毛は、もともと人間がトリミングしてあげる必要のないダブルコートの犬種です。

 

そのため、一定の長さ以上に被毛が伸びることはなく、自然に生え変わり、ブラッシングやシャンプーを定期的に行っていれば、丸いイメージの姿は維持されます。

 

カットスタイルは、あくまで飼い主が愛犬の綺麗な被毛をオシャレにしたいというためのものです。

 

ポメラニアンの被毛は、カットにより毛質が固くなったり、切り過ぎてしまうと犬の地肌への紫外線やさまざまな刺激の影響を受けやすくなったり、悪影響もあることを認識しておきましょう。

まとめ

 

ポメラニアンの綿毛のようなフワフワの被毛は、カットによってその丸い印象を強調したり、まるで違う印象にもでき、飼い主にとっての楽しみにもなります。

 

しかし、ダブルコートの被毛に覆われたポメラニアンは、本来トリミングを必要としない犬種であり、被毛の切りすぎは愛犬の皮膚の健康にも影響を与え、愛犬の心身の負担にもなりかねません。

 

そのため、ポメラニアンの可愛らしさを強調するカットは、専門のトリマーさんに相談しながら、適切な方法と頻度で行うようにしましょう。

 

丸いシルエットのポメラニアンが、その可愛らしさと快適な生活を維持できるように、飼い主のイメージの押しつけとならないことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました