甲斐犬(二匹)姉妹なのですが顔を合わせる度に喧嘩をします

愛犬の悩み

姉妹なのですが顔を合わせる度に喧嘩をします
同じご飯を与えたら片方が激しい下痢をしました

姉妹で甲斐犬を二匹飼っているんですが、子犬の頃は仲が良く、

じゃれあったり一緒に二匹が寄り添って寝ていて当時はとても癒されていました。

ところが成長し性格や個性が出始めた頃に獣の喧嘩を

顔を合わせる度するようになりました。

喧嘩の仲裁に私も家族も入ったことがあるのですが、

その際に腕を噛まれたり犬自身も耳から血を流したりと怪我をしてしまいました。

あまりにもすごい剣幕だったのでドッグトレーナーさんを

自宅に呼び相談をしたことがあります。

同い年で特にメス同士は喧嘩に決着が付きづらいです、

年の差があれば仲良くはなってくれていたかもと仰いました。

優劣をつける犬の戦いを口輪をしてさせてみるか、と家族で議論しましたが口は

大丈夫でも爪で引っかかれて怪我をしてしまう可能性から無理にさせないで

ゆっくり遠目から慣れさせることにしました。

部屋も散歩も離して様子を見ながら少し近づけるのですがお互い唸ってしまいますので

犬も大変なんだな、と今でも仲良くはなれていませんが試行錯誤して二匹が安心して

暮らせるように励んでいます。

とあるビーフ缶を二匹に半分ずつ分け与えたら、片方が激しい下痢をしました。

普段そんなことはないのに夜中にくんくん鳴くので外に連れ出したら急に

お腹を下し始めてかなり驚きました。

数日間それが続きサークルの中も汚れていました。

もう片方の犬ははとても元気で欲しがるくらいでしたのでアレルギーなのかなと、

もしかしたらビーフではなくてフードが駄目になったのかと不安になったのを

今でもよく覚えています。

散歩に出かけるとすぐに下して元気が無くなったので、

それをすればすぐ家に帰りました。

常に観察していて何時トイレに行ってもいいよう準備もしていました。

ネットや本で絶食療法や消化の良い水分を含んだ食品を与えるなど色々と

参考にしました。

下痢だと怖いのは脱水なので水はぬるく温めてご飯は少量にし冷えないように

お湯でふやかしておかゆ状にし与えていると調子がだんだん戻ってきて、

一週間程で元気にドライフードを食べてくれました。

あの時は、本当に可哀そうでした。

同じ犬種だから、姉妹だからと言って同じものを与えることは、

時には危険だと思い知らされました。

私の犬は下痢だけで済みましたが、これが原因で亡くなってしまう動物達がこの世に

たくさんいるでしょうししかも自分たちの知識不足で思うと、命を飼う、育てる、

暮らすというのはとても責任があることでしっかり

勉強しなければならないんだと学びました。

以後、なるべく食品は無添加で自然の素材を扱ったフードやおやつを

成分表を確認して与えています。

新しいものを与えるときは少しだけにして様子を見ながら量を増やしたりしています。

育犬日記というタイトルのノートを作って何時に何を食べたかを管理し

記録もしているので現在はお腹を下すことなく、元気にもりもりご飯も食べ、

トイレももりもりしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました