ボストンテリアの歯磨きがものすごく苦手、その改善策は?

愛犬の悩み

生まれてから1年と2ヶ月が経ちますが、歯磨きがものすごく苦手でした。

どうやら口の中に食べ物以外のものが入ることに抵抗があるようで、

歯ブラシを入れても舌で押し返してしまいます。

病院では、1歳にしては歯石が多いと言われ、

もっと真剣に歯磨きに慣れさせなければと理解しつつ、

なかなか思うように行きませんでした。

改善策

まずは歯磨き=ご褒美がもらえる!という習慣をつけることから始めました。

主人と2人がかりで力ずくの歯磨きをした後、

必ずおやつ(できればデンタルケア効果のあるもの)を与えるようにしました。

しかしこれは逆効果で、「この時間はおやつがもらえる!」としか彼女の中で

記憶されなかったらしく、歯磨きは相変わらずイヤイヤ…。

次に、愛犬との触れ合いで、モニモニと口周りをいじくって、

「口に何かある」状態に慣れさせることも努力してみました。

しかしそのうち「ママは口を触るから遊びたくない!」と

主人にばかりくっつくようになり、私が寂しくなりこれも断念…。

せめて歯石だけでも取ってあげたい、でも麻酔はイヤ!と葛藤していた中、

いつも通っているドッグランで「無麻酔歯石取り」のイベントをやっていたので、

参加してみることに。(参加費は2000円と痛かったですが)

薄々分かってはいましたが、そこでも必死に抵抗し、

プロの方でも断念されてしまいました。

しかし、その方に「ジェル状の歯石取り薬」をすすめられ、

購入して自宅で試すことにしました。

指先に少しだけジェルを取り、気になる部分に軽く塗ったあと、

歯磨きシートでケアしていますが、これがよかったです!

相変わらず抵抗はされますが、主人と私のストレスは大きく軽減され、

歯石も目立たなくなってきてハッピーです!

歯石のせいなのか、気になっていた口臭も軽減され、

ぺろぺろされても臭くなくなりました!

参加費は高かったですが、やはりプロに相談してみるのが1番確実なんだなぁ、

と痛感しました。

ネットで得た知識を自分たちで試行錯誤しても、

愛犬に合っているとは限らないので、愛犬のようすを見てもらえることが近道です。

犬の歯磨きなんて、一昔前では考えられませんでしたが、

今や常識になりつつあります。

犬の歯石化は3~5日と、人間に比べ非常に早く、若いうちからのケアが大切ですね。

おいしいものを、いくつになっても元気に食べつづけて欲しい思いは、

親が子供に思う気持ちと同じだと思うので、ぜひ愛犬家の皆様で歯磨きにお悩みが

あれば、まずはかかりつけ医や、お使いのドッグサロンで相談されてみることを

おすすめします。なにが思わぬ解決方法になるか分かりませんから。

私は、自己流よりもプロへの相談を強くおすすめします!

長い愛犬との生活、不安はできるかぎり解消していっていただきたいです。

愛犬と飼い主、両方が幸せな生活を送れるよう祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました