ラブラドールレトリバーがとにかく雷を怖がるんです。

とにかく雷を怖がるんです。蚊を仕留めるのに使う電流ラケットも嫌がるので、

電気に敏感なのかもしれません。

愛犬は雷が来ると私や家族の体に登ってきたり、壁や床を掘ろうとしたり、

息が荒くなって激しくヨダレを垂らしたりします。

不要に怯えるのも可哀想だし、こちらもとても困ってしまいます。

愛犬を一人にさせてしまうと確実に悪い方向へ行ってしまうので、

なるべく天気の悪い日は一人で留守番をさせないようにしています。

本当は一人に慣れさせるべきなのかもしれません。

しかし、不安にさせると壁や床を掘ったり、物を散らかしたり、

粗相してしまったりとあまりに重症なので、正直お手上げ状態です。

愛犬が雷に怯える時は、宥めることも叱ることもせず、いつも通りに接することが

良いと聞きました。

宥めてしまうと犬は「怯えていれば可愛がってもらえる!」

と勘違いしてしまいヒートアップ、叱ってしまうと怖さに怖さを重ねるだけで悪化が

進んでしまうらしいのです。

しかし、愛犬にいつも通りに接しようとしてもなかなかそうもいきません。

息が荒いだけならともかく、家を破壊する行動は叱るべきだと思いますし、

こちらがうんざりしている気持ちを愛犬も感じ取っていることもきっとあるでしょう。

一体どうするのが正解なのか、未だに分かりません。

今の私にもできそうなこととして、ハウスを設置するというものがあります。

うちにはハウスがないのです。今の愛犬は二代目なのですが、一代目の子はハウスなし

で問題ない性格だったのでハウスを使ったしつけを重要視していなかったのです。

暗くて狭い自分だけの場所があれば少しは変わるかもしれません。

子犬の頃から愛犬もハウスをあまり好んでいなかったので使ってくれるかは

わかりませんが、試してみる価値はあると考えています。

ハウスの設置の前に、応急処置的な対処として、

犬を毛布などで包むという方法もあります。

少しの差ではありますが、愛犬の場合はこれでたしかに落ち着いてくれるものです。

雷の多い夏には暑かったり、完全に落ち着くわけではないという難点もあるので、これ

をきっかけにして最終的にはハウスに慣れさせることを目標にしようと思います。

また、体に静電気を溜め込みやすい犬は電気を怖がりやすいというデータも

あるようです。

思えば愛犬も、音や光より電流を最も怖がっている気がしますし、愛犬を撫でる時に

静電気が発生することもあるので、その説は当てはまるのかもしれません。

世の中にはそういう子のために、静電気を逃すネックレスなどのグッズが販売されて

います。これらを試すのも一つの手なのでしょう。

雷を怖がる犬の中にはもちろん電流だけでなく、音が怖い子、光が怖い子もいると

思います。もし雷を怖がる愛犬をどうにかしたいと思うなら、

まずはその一番の原因を探るところから始めるべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました